Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ、イベントおよびメッセージ

入出力信号、イベント トリガーおよびメッセージを構成する

Stateflow® は、入出力端子を通してデータを Simulink® モデルと共有します。Stateflow チャートは Simulink のイベントからトリガーできます。Stateflow からは、Simulink サブシステムをアクティブにするイベントを出力できます。条件ロジックと時間ベースのロジックをモデル化して Simulink および MATLAB の関数を呼び出すことができます。

  • 入出力データ
    Simulink モデルに対する入力と出力を作成する
  • パラメーター
    ハードコード化された値を回避するために、パラメーターを MATLAB® ワークスペースと共有する
  • アクティブ ステート データ
    自己データ、子データ、またはリーフ アクティブ ステート データを出力してチャート アクティビティを監視する
  • データ ストア メモリ
    複数のチャートやモデルでグローバル データを共有する
  • バス信号
    大規模なデータ構造体の管理
  • イベント
    他のシステムをアクティブにするためのトリガーを作成する
  • メッセージ
    メッセージを送信してチャート間でデータを受け渡す