Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パラメーター

ハードコード化された値を回避するために、パラメーターを MATLAB® ワークスペースと共有する

Stateflow® チャート内で容易に変更できる定数を作成するには、MATLAB ワークスペースで定義されているパラメーターを使用するか、Simulink® ブロック パラメーターから継承されたパラメーターを使用します。Stateflow チャートでマスク サブシステムを使用すると、シミュレーションの前にパラメーターを変更できます。

トピック

Simulink および MATLAB ワークスペースとのパラメーターの共有

パラメーターを定義して、Simulink モデルおよび MATLAB ベース ワークスペースと定数データを共有する。

Stateflow データの追加

データを定義して、チャートの専用ワークスペース内に保存する。

チャートの未定義シンボルを解決

未定義のデータ、イベント、メッセージを検出して追加する。

データ プロパティの設定

プロパティ インスペクターまたはモデル エクスプローラーを使用してデータのプロパティを指定する。

マスクを作成して Simulink とパラメーターを共有

Stateflow チャートをマスクして、外観をカスタマイズし、パラメーターを初期化する。