Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バス信号

大規模なデータ構造体の管理

構造体を作成してデータをまとめ、Stateflow® チャート、真理値表、および MATLAB® Function ブロック内の Simulink® バス信号にアクセスします。Stateflow チャートに統合するカスタム構造体を C コードで定義します。

トピック

Stateflow 構造体を介したバス信号へのアクセス

バス信号への入力、出力、ローカル アクセス用に Stateflow 構造体を定義する。

Stateflow 構造体へのインデックス付けと値の割り当て

この例では、Stateflow® 構造体の内容にアクセスして変更する方法を説明します。

MATLAB 関数の構造体と Simulink バス信号との接続

この例では、MATLAB® 構造体を Stateflow® チャートで使用する方法を説明します。

Stateflow データの追加

データを定義して、チャートの専用ワークスペース内に保存する。

ドット表記を使用したデータの識別

チャート階層内の場所によってデータを指定する。

関連情報

合成信号 (Simulink)

注目の例