Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イベント

他のシステムをアクティブにするためのトリガーを作成する

イベントを使用して、Stateflow® チャートや他の Simulink® サブシステム内でアクションをトリガーします。イベントを Simulink モデル内の他のチャートに送信して外部アクションをトリガーします。スケジュール エディターにイベントを送信して非周期的分割の実行をスケジュールする方法の詳細については、スケジュール エディターのイベント (Simulink)を参照してください。

ブロック

Sequence Viewerシミュレーション時にブロック間のメッセージ、イベント、ステート、遷移、および関数を表示

Stateflow の構文

すべて展開する

イベントの生成

changeデータの値の変化時に暗黙的イベントを生成
enterステートがアクティブになった時点で暗黙的イベントを生成
exitステートが非アクティブになった時点で暗黙的イベントを生成
sendメッセージまたはイベントをブロードキャストする

イベントベースの時相論理

afterイベント ブロードキャスト後または指定時間後にチャートを実行
atイベント ブロードキャストまたは指定した時間でチャートを実行
beforeイベント ブロードキャスト前または指定した時間前にチャートを実行
count条件が有効である状態でのチャート実行
every一定間隔でチャートを実行
temporalCountステートがアクティブになってからのイベント数、チャートの実行回数、または時間

トピック

イベントのブロードキャストによるモデル コンポーネントの同期

イベントを使用して Simulink および MATLAB® と通信する。

チャートの未定義シンボルを解決

未定義のデータ、イベント、メッセージを検出して追加する。

イベントのプロパティの設定

プロパティ インスペクターまたはモデル エクスプローラーを使用してイベントのプロパティを指定する。

入力イベントの送信による Stateflow チャートのアクティブ化

エッジ トリガーおよび関数呼び出しを入力イベントとしてブロードキャストする。

関数呼び出し入力イベントによって有効になったチャートでのステートの制御

関数呼び出し入力イベントがチャートを再び有効にする場合のステートの動作を設定する。

出力イベントの送信による Simulink ブロックのアクティブ化

エッジ トリガーおよび関数呼び出しを出力イベントとしてブロードキャストする。

bind アクションによる Function-Call Subsystem の制御

関数呼び出し出力イベントをステートのアクティビティにバインドする。

ローカル イベントをブロードキャストしてパラレル ステートを同期

指示のあるイベント ブロードキャストを行うことにより、パラレル (AND) ステート間で通信する。

暗黙的イベントを使用したチャート動作の制御

データ値およびステート アクティビティの変化によりチャート アクションをトリガーする。

Sequence Viewer ブロックを使用したメッセージ、イベント、エンティティの可視化

Sequence Viewer ブロックを使用して、メッセージ、イベント、関数の交換を表示する。

注目の例