Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イベントのプロパティの設定

Simulink® モデル内で Stateflow® チャートを作成するときに、プロパティ インスペクターまたはモデル エクスプローラーでイベントのプロパティを指定できます。

  • プロパティ インスペクターを使用するには、次を行います。

    1. [モデル化] タブの [データの設計] で、[[シンボル] ペイン] および [プロパティ インスペクター] を選択します。

    2. [シンボル] ペインで、イベントを選択します。

    3. [プロパティ インスペクター] ペインで、イベントのプロパティを編集します。

  • モデル エクスプローラーを使用するには、次を行います。

    1. [モデル化] タブの [データの設計] で、[モデル エクスプローラー] を選択します。

    2. [コンテンツ] ペインで、イベントを選択します。

    3. [メッセージ] ペインで、イベントのプロパティを編集します。

詳細については、イベントのブロードキャストによるモデル コンポーネントの同期を参照してください。

Stateflow のイベントのプロパティ

名前

イベントの名前。アクションは、名前に基づいてイベントを参照します。名前の先頭には、英字を使用しなければなりません。名前には、空白を含めることはできません。兄弟関係のイベントでは、名前を共有できません。詳細については、Stateflow オブジェクトの命名ルールを参照してください。

スコープ

イベントのスコープ。スコープは、イベントが親オブジェクトに関連して発生する領域を指定します。

スコープ説明
ローカルStateflow マシンの任意の場所で発生できるイベントですが、親オブジェクトおよびその子オブジェクト内でのみ表示されます。詳細については、ローカル イベントのブロードキャストを参照してください。
Simulink から入力Simulink ブロックで発生するイベントですが、Stateflow チャートにブロードキャストされます。詳細については、入力イベントの送信による Stateflow チャートのアクティブ化を参照してください。
Simulink に出力Stateflow ブロックで発生するイベントですが、Simulink ブロックにブロードキャストされます。詳細については、出力イベントの送信による Simulink ブロックのアクティブ化を参照してください。

端子

イベントに関連付けられた端子のインデックス。このプロパティは、入出力イベントに対してのみ適用されます。

トリガー

入出力イベントをトリガーする信号のタイプ。詳細については、入力イベントの送信による Stateflow チャートのアクティブ化出力イベントの送信による Simulink ブロックのアクティブ化を参照してください。

デバッガー ブレーク ポイント

イベント ブロードキャストの開始時または終了時にデバッガー ブレーク ポイントを設定するオプション。使用可能なブレークポイントはイベントのタイプによって異なります。

イベントのタイプブロードキャストの開始ブロードキャストの終了
ローカル イベント使用可能使用可能
入力イベント使用可能使用不可
出力イベント使用不可使用不可

詳細については、チャートのデバッグのためのブレークポイントの設定を参照してください。

説明

イベントの説明。階層のイベントについて簡単な説明を入力できます。

ドキュメント リンク

イベントのオンライン ドキュメンテーションへのリンク。適切なオンライン形式 (HTML ファイルや MATLAB® コマンド ウィンドウのテキストなど) でドキュメンテーションを表示する、Web の URL アドレスまたは MATLAB コマンドを入力できます。[ドキュメント リンク] ハイパーリンクをクリックすると、Stateflow にドキュメンテーションが表示されます。

関連するトピック