ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Stateflow オブジェクトの命名ルール

使用できる文字

Stateflow® オブジェクトの名前は、英数字とアンダースコアの任意の組み合わせで指定できます。ただし、名前の先頭に数字は使用できず、名前の空白を含めることはできないという制限があります。

名前の長さの制限

名前の長さは、Simulink® Coder™ ソフトウェアの識別子の最大長に準拠する必要があります。[識別子の最大の長さ] パラメーターを設定できます。既定値は 31 文字であり、指定できる最大長は 256 文字です。

チャート オブジェクトに名前を付ける際に避けるべきキーワード

チャート オブジェクトの名前には予約されたキーワードを使用することはできません。これらのキーワードはアクション言語構文の一部です。

アクション言語構文での使用キーワード構文参照
boolean シンボル
  • true

  • false

boolean シンボル true および false
変化検出
  • hasChanged

  • hasChangedFrom

  • hasChangedTo

データ値の変化の検出
複素数データ
  • complex

  • imag

  • real

複素数データでサポートされている演算
データ型
  • boolean

  • double

  • int32

  • int16

  • int8

  • single

  • uint32

  • uint16

  • uint8

Stateflow データの型の指定
データ型演算
  • cast

  • fixdt

  • type

型キャスト演算
明示的なイベント
  • send

ローカル イベントをブロードキャストしてパラレル ステートを同期
暗黙的なイベント
  • change

  • chg

  • tick

  • wakeup

暗黙的イベントを使用したチャート動作の定義
メッセージ
  • send

  • forward

  • discard

  • isvalid

  • length

  • receive

メッセージ送信による Stateflow チャートとの通信
リテラル シンボル
  • inf

  • t (C チャート専用)

アクションでサポートされるシンボル
MATLAB® 関数とデータ
  • matlab

  • ml

ml 名前空間演算子
ステート アクション
  • bind

  • du

  • during

  • en

  • entry

  • ex

  • exit

  • on

ステート アクション タイプ
ステート アクティビティ
  • in

in 演算子を使用したステート アクティビティのチェック
時相論理
  • after

  • at

  • before

  • every

  • sec

  • msec

  • usec

  • temporalCount

  • elapsed

  • t

  • duration

  • count

時相論理を使用したチャート実行の制御