ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アクションでサポートされるシンボル

boolean シンボル true および false

true および false というシンボルを使用して論理定数を表します。これらのシンボルを式内でスカラーとして使用できます。たとえば、以下のように使用します。

cooling_fan = true;
heating_fan = false;

ヒント

これらのシンボルでは、大文字と小文字が区別されます。したがって、TRUE および FALSE は boolean シンボルではありません。

以下のような場合は、true および false を使用しないでください。使用すると、エラー メッセージが表示されます。

メモ

true および false を Stateflow® データ オブジェクトとして定義すると、true および false のカスタム定義によって、組み込みの boolean 定数がオーバーライドされます。

コメント シンボル %、//、/*

以下の例に示すように、コメントを表すにはシンボル %// および /* を使用します。

% MATLAB comment line
// C++ comment line
/* C comment line */

組み込みターゲットの生成コード内にコメントを含めることもできます (モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成コメント (Simulink Coder)を参照)。生成コード内の C チャートのコメントには、マルチバイト文字コードを使用します。これは、英語のアルファベット以外 (たとえば、日本語の漢字など) の文字コードでコメントを作成できることを意味します。

16 進数表記法シンボル 0xFF

C チャートは、C スタイルの 16 進数表記法をサポートしています (たとえば、0xFF)。10 進数値を使用できる場合であれば、16 進数値を使用できます。

無限大シンボル inf

C チャートで無限大を表すには、MATLAB® のシンボル inf を使用します。n/0 (n はゼロでない実数) などの計算の結果は、inf になります。

メモ

inf を Stateflow データ オブジェクトとして定義すると、inf のカスタム定義によって、組み込みの値が変更されます。

行継続シンボル ...

式が次の行に継続することを明示するには、行末に文字 ... を使用します。たとえば、以下のように、ステート アクションで行継続シンボルを使用できます。

entry: total1 = 0, total2 = 0, ...
  total3 = 0;

リテラル コード シンボル $

パーサーでは無視し、生成されるコードには含めるアクションをマークするには、文字 $ を使用します。たとえば、以下のように文字 $ で囲まれた部分はパーサーで処理されません。

$
ptr -> field = 1.0;
$

メモ

リテラル シンボルを多用することは、推奨されません。

MATLAB 表示シンボル ;

式の後のセミコロンを省略すると、診断ビューアーに式の結果が表示されます。セミコロンを使用した場合、結果は表示されません。

単精度浮動小数点数シンボル F

C チャートで単精度浮動小数点数を指定するには、末尾に F を使用します。たとえば、値 4.56 の単精度定数を指定するには、アクション ステートメント x = 4.56F; を使用します。数値の後端に F が使用されていない場合は、倍精度であると想定されます。

時間シンボル t

C チャートでは、シミュレーション ターゲットの Simulink® 信号から継承された絶対時間を表すには、文字 t を使用します。たとえば、条件 [t - On_time > Duration] という指定では、シミュレーション時間 tOn_time との差が Duration の値を上回った場合に条件が真になります。

t は特定のアプリケーションやターゲット ハードウェアによって異なるため、t の意味は非シミュレーション ターゲットでは未定義です。

メモ

t を Stateflow データ オブジェクトとして定義すると、t のカスタム定義によって、組み込みの値が変更されます。

MATLAB をアクション言語として使用するチャートの場合、文字 t は予約済み記号ではありません。シミュレーション時間を取得するには、関数 getSimulationTime() を使用します。