ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

every

every 演算子でチャートの実行を制御する

説明

関連付けられたステートがアクティブになってから、ベース イベント E の発生回数が n 回目である場合に、every(n,E)true を返します。それ以外の場合、演算子は false を返します。

入力イベントが設定されていないチャートでは、every(n,tick) または every(n,wakeup) は、関連付けられたステートがアクティブになってから、チャートの起動回数が整数の n 倍である場合に true を返します。

関連付けられたステートが再びアクティブになるたびに、every 演算子は E のカウンターを 0 にリセットします。

関連付けられたステートがアクティブになってから、n 単位のシミュレーション時間ごとに、every(n,time_unit)true を返します。それ以外の場合、演算子は false を返します。time_unit は、秒 (sec)、ミリ秒 (msec) またはマイクロ秒 (usec) として指定します。

関連付けられたステートが再びアクティブになるたびに、every 演算子は secmsec および usec のカウンターを 0 にリセットします。

every を絶対時間の時相論理演算子として使用することは、スタンドアロン チャートでのみ、MATLAB® オブジェクトとして実行するためにサポートされています。

すべて展開する

ステートがアクティブになってから 5 CLK サイクルごとにステータス メッセージ on が表示されます。

on every(5,CLK): status('on');

ステートがアクティブになってから 2 秒ごとにステータス メッセージが表示されます。

on every(2,sec): disp('Hello!');

ヒント

  • 引用符を使用してキーワード 'tick''wakeup''sec''msec' および 'usec' を囲むことができます。たとえば、every(5,'tick')every(5,tick) と同じです。

  • every を絶対時間の時相論理演算子として使用することは、スタンドアロン チャートでのみ、MATLAB オブジェクトとして実行するためにサポートされています。Simulink® モデルでは、代わりに after 演算子を含む外部自己ループ遷移を使用してください。詳細については、after 演算子を含む外部自己ループ遷移による every 演算子の置き換えを参照してください。

R2014b で導入