Main Content

ブロック マスクの作成

カスタマイズされた外観の作成、ユーザーが定義したインターフェイスの作成、ロジックのカプセル化、サブシステムおよびカスタム ブロックのデータの非表示

Simulink® を使用すると、ブロック マスクを作成できます。マスクとは、ブロックのカスタム ユーザー インターフェイスです。

ブロックのマスクによって、ブロック線図をカプセル化し、それぞれのブロック説明、パラメーター プロンプト、ヘルプ テキストを備えた独自のパラメーター ダイアログ ボックスをもつことができます。

マスクできるのは、Simulink で定義されているように、一意のブロックとして再利用できる独立したカスタム ブロックです。

ブロック マスクの作成の詳細については、簡単なマスクの作成を参照してください。

クラス

Simulink.Maskマスクをプログラムで制御
Simulink.Mask.Constraintsマスク制約の作成
Simulink.Mask.PortConstraintsCreate mask port constraints programmatically
Simulink.Mask.ParameterConditionCreate mask parameter conditions
Simulink.Mask.PortConstraintRuleCreate an instance of Simulink.Mask.PortConstraintRule to define the rules of a Port Constraint
Simulink.Mask.PortIdentifierCreate Port Identifiers to identify ports of a block in the mask object
Simulink.MaskParameterマスク パラメーターをプログラムで制御
Simulink.Mask.EnumerationBase任意のデータ型の数値を保持する列挙型クラスを導出
Simulink.Mask.EnumerationTypeOptionsSimulink.IntEnumType および Simulink.Mask.EnumerationBase から派生する列挙ファイルの情報を解析
Simulink.dialog.Controlダイアログ コントロールのインスタンスの作成
Simulink.dialog.parameter.CustomTableプログラムによるカスタム テーブルの作成
Simulink.dialog.ListboxControlリストボックスをプログラムで制御
Simulink.dialog.TreeControlツリー制御のプログラムによる制御
Simulink.dialog.LookupTableControlControl mask lookup tables programmatically
Simulink.dialog.LookupTableControl.TableControl table data for mask lookup table
Simulink.dialog.LookupTableControl.BreakpointsControl breakpoint data set for mask lookup table

トピック

マスクの紹介

マスク エディターのユーザー インターフェイス

マスク機能

マスク コールバック

システム マスク

モデル例