Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.Mask クラス

パッケージ: Simulink

マスクをプログラムで制御

説明

Simulink.Mask クラスのインスタンスは以下の操作を実行するために使用します。

  • マスクの作成、コピーおよび削除

  • マスク パラメーターの作成、編集、削除

  • マスクを所有するブロックの判定

  • マスクに対して定義されているワークスペース変数の取得

プロパティ

Type

関連するブロックのマスク タイプを指定します。

型: character vector | string scalar

既定の設定: Empty character vector

Description

関連するブロックの説明を指定します。

型: character vector | string scalar

既定の設定: Empty character vector

Help

マスクに表示するヘルプ テキストを指定します。

型: character vector | string scalar

既定の設定: Empty character vector

Initialization

関連するブロックの初期化コマンドを指定します。

型: character vector | string scalar

既定の設定: Empty character vector

SelfModifiable

ブロックが自分自身およびその内容を修正できることを示します。

タイプ: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'off'

Display

ブロック アイコンを描画するための MATLAB® コードを指定します。

型: character vector | string scalar

既定の設定: Empty character vector

IconFrame

ブロック フレームの表示/非表示を設定します。(表示 はon、非表示は off)。

タイプ: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

IconOpaque

アイコンの透明度を設定します (不透明は on、透明は off)。

タイプ: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

RunInitForIconRedraw

マスク アイコン コマンドを実行する前に、Simulink® でマスクの初期化を実行しなければならないかどうかを指定します。

タイプ: enum

値: 'auto'|'on'|'off'

既定の設定: 'auto'

IconRotate

ブロックとともに回転するアイコンを設定します。

タイプ: enum

値: 'none'|'port'

既定の設定: 'none'

PortRotate

マスク ブロックの端子の回転ポリシーを指定します。

タイプ: enum

値: 'default'|'physical'

既定の設定: 'default'

IconUnits

描画コマンドの単位を指定します。

タイプ: enum

値: 'pixel'|'autoscale'|'normalized'

既定の設定: 'autoscale'

メソッド

addCrossParameterConstraintクロスパラメーター制約を追加
addDialogControlマスク ダイアログ ボックスにダイアログ コントロール要素を追加
addParameterマスクにパラメーターを追加
addParameterConstraintパラメーター制約をマスクに追加
copyあるブロックから別のブロックにマスクをコピー
createSimulink ブロックにマスクを作成
deleteブロックのマスクを解除してメモリからマスクを削除
getマスク オブジェクトとしてブロック マスクを取得
getAssociatedParametersOfConstraint制約に関連付けられたマスク パラメーターを取得
getCrossParameterConstraintクロスパラメーター制約を取得
getDialogControlマスク上の特定のダイアログ コントロールの検索
getOwnerマスクを所有するブロックを特定
getParameter名前を使用してマスク パラメーターを取得
getParameterConstraintマスク パラメーター制約のプロパティを取得
getWorkspaceVariablesマスク ブロックのマスク ワークスペースで定義されたすべての変数を取得
numParametersマスク内のパラメーターの数を特定
removeAllCrossParameterConstraintsすべてのクロスパラメーター制約をマスクから削除
removeAllParameterConstraintsすべてのマスク パラメーター制約を削除
removeAllParametersマスクから既存のすべてのパラメーターを削除
removeCrossParameterConstraintクロスパラメーター制約を削除
removeDialogControlマスク ダイアログ ボックスからダイアログ コントロール要素を削除
removeParameterマスク ダイアログ ボックスからパラメーターを削除
removeParameterConstraintマスク パラメーター制約を削除
set既存のマスクのプロパティを設定