Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.MaskParameter クラス

パッケージ: Simulink

マスク パラメーターをプログラムで制御

説明

Simulink.MaskParameter のインスタンスを使用してマスク パラメーターのプロパティを設定します。

プロパティ

Type

マスク パラメーターのタイプを指定します。

型: 文字ベクトル

値: 'edit'|'checkbox'|'popup'|'combobox'|'listbox'|'radiobutton'|'slider'|'dial'|'spinbox'|'unit'|'textarea'|'customtable'|'unidt'|'min'|'max'|'promote'

既定の設定: 'edit'

TypeOptions

パラメーターのオプションを指定します (パラメーターが存在しない場合は空を指定)。popupradiotextareacomboboxDatatypestr および promote のタイプをもつパラメーターに適用されます。

型: 文字ベクトルの cell 配列

既定の設定: {''}

Name

マスク パラメーターの名前を指定します。この名前は、このマスク パラメーターで作成されたマスク ワークスペース変数に割り当てられます。マスク パラメーター名は組み込みパラメーター名と一致しなければなりません。

型: 文字ベクトル

既定の設定: 自動生成

Prompt

マスク ダイアログのパラメーターに関連付けられているラベルに表示する文字ベクトルを指定します。

型: 文字ベクトル

既定の設定: 空の文字ベクトル

Value

マスク パラメーターの値を指定します。マスキングはすべての値のタイプをサポートします。

既定の設定: 既定値はマスク パラメーターのタイプによって異なります。たとえば、Listbox の既定値が {''} のときに Checkbox の既定値が 'on' であり、文字ベクトルの cell 配列を受け入れます。

Evaluate

ブロックが評価されたときに、MATLAB® によりパラメーターの値が評価されるかまたはパラメーターが文字ベクトルとして扱われるかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

Tunable

シミュレーション中にパラメーターの値を変更可能かどうかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

NeverSave

パラメーターの値をモデル ファイルに保存可能かどうかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'off'

Hidden

マスク ダイアログ ボックスでパラメーターを非表示にするかどうかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'off'

ReadOnly

マスク ダイアログ ボックスのパラメーターが編集可能か読み取り専用かを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'off'

Enabled

マスク ダイアログ ボックスでパラメーターを有効にするかどうかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

Visible

マスク ダイアログ ボックスでパラメーターを表示するかどうかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

ShowTooltip

マスク パラメーターに対するヒントを有効にするかどうかを示します。

型: boolean

値: 'on'|'off'

既定の設定: 'on'

Callback

ユーザーがマスク ダイアログ ボックスでパラメーター値を変更したときに実行する MATLAB コードを指定します。

型: 文字ベクトル

既定の設定: 空の文字ベクトル

TabName

パラメーターを表示するマスク ダイアログ ボックスのタブ名を指定します。

型: 文字ベクトル

既定の設定: 空の文字ベクトル

Alias

マスク パラメーターの別名を指定します。

型: 文字ベクトル

既定の設定: 空の文字ベクトル

DialogControl

マスク ダイアログのレイアウト オプションを指定します。

タイプ: タイプ Simulink.dialog.parameter.<Typeofparameter> のクラス

値: 'Edit'|'Checkbox'|'Popup'|'Combobox'|'Listbox'|'RadioButton'|'Slider'|'Dial'|'Spinbox'|'Unit'|'TextArea'|'CustomTable'|'Min'|'Max'

既定の設定: edit

ConstraintName

パラメーターに関連付けられた制約を示します。プログラムによって制約を関連付けるには、その制約が既に利用可能になっていなければなりません。MAT ファイルから制約を関連付けるには、<matfilename>:<constraintname> の形式を使用します。

型: 文字ベクトル

既定の設定: 空の文字ベクトル

メソッド

setマスク パラメーターのプロパティを設定