Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

set

クラス: Simulink.MaskParameter
パッケージ: Simulink

マスク パラメーターのプロパティを設定

構文

Simulink.MaskParameter.set(Name,Value)

説明

Simulink.MaskParameter.set(Name,Value) は、マスク パラメーターのプロパティを設定します。

入力引数

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

Type

このパラメーターの値を指定するために使用するコントロールのタイプ。

既定値: edit

TypeOptions

ポップアップのコントロールまたはプロモート済みパラメーター内で表示されるオプション。このフィールドは cell 配列です。

既定値:

Name

マスク パラメーターの名前。この名前は、このパラメーターで作成されたマスク ワークスペース変数に割り当てられます。

既定値:

Prompt

[マスク パラメーター] ダイアログのパラメーターを識別するテキスト。

既定値:

Value

[マスク パラメーター] ダイアログのマスク パラメーターの既定値。

既定値: 型固有。パラメーターの Type によって異なる

Evaluate

パラメーターを評価しなければならないかどうかを指定するオプション。

既定値: 'on'

Tunable

パラメーターが調整可能かどうかを指定するオプション。

既定値: 'on'

Enabled

ユーザーがパラメーター値を設定できるかどうかを指定するオプション。

既定値: 'on'

Visible

ユーザーに対してマスク パラメーターを表示するかどうかを設定するオプション。

既定値: 'on'

Callback

[マスク パラメーター] ダイアログで変更を行い、[適用] をクリックしたときに実行する MATLAB® コードのコンテナー。

既定値:

  1. マスクされたブロックのパスを使用して、オブジェクトとしてマスクを取得します。

    p = Simulink.Mask.get('myModel/Subsystem');
  2. マスク パラメーターを取得します。

    a = p.Parameters(1);
  3. マスク パラメーター編集してタイプを popup にし、評価できないようにします。

    a.set('Type','popup','TypeOptions',{'Red' 'Blue' 'Green'},...
    'Evaluate','off');