ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック マスクの作成

カスタマイズされた外観の作成、ユーザーが定義したインターフェイスの作成、ロジックのカプセル化、サブシステムおよびカスタム ブロックのデータの非表示

Simulink® を使用すると、ブロック マスクを作成できます。マスクとは、ブロックのカスタム ユーザー インターフェイスです。

ブロックのマスクによって、ブロック線図をカプセル化し、それぞれのブロック説明、パラメーター プロンプト、ヘルプ テキストを備えた独自のパラメーター ダイアログ ボックスをもつことができます。

マスクできるのは、Simulink で定義されているように、一意のブロックとして再利用できる独立したカスタム ブロックです。

ブロック マスクの作成の詳細については、簡単なマスクの作成を参照してください。

クラス

Simulink.Maskマスクをプログラムで制御
Simulink.Mask.Constraintsマスク制約の作成
Simulink.MaskParameterマスク パラメーターをプログラムで制御
Simulink.dialog.Controlダイアログ コントロールのインスタンスの作成
Simulink.dialog.parameter.CustomTableプログラムによるカスタム テーブルの作成
Simulink.dialog.ListboxControlリストボックスをプログラムで制御

トピック

マスクの紹介

マスクの基礎

マスクの基本とブロックをマスクする状況について学習します。

簡単なマスクの作成

ブロック マスクの作成とカスタマイズ。

既存のマスクの管理

既存のブロック マスクを表示または編集します。

マスク エディターのユーザー インターフェイス

マスク エディターの概要

マスク エディター インターフェイスを使用してマスクを作成およびカスタマイズします。

DataTypeStr パラメーターを利用したデータ型の指定

[エディット] マスク パラメーターのデータ型制約を追加します。

[パラメーターとダイアログ] ペインを使用したマスク ダイアログ ボックスの設計

この例を実行してみて、マスク ダイアログ ボックスを作成して一部のマスク エディター機能の使用方法を理解します。

大量のマスク パラメーターの処理

大量のマスク パラメーターをプログラムでテーブルに追加する。

マスクされたブロックのテーブルのカスタマイズ

マスク ダイアログ ボックスにカスタム テーブルを追加する

プログラムによるカスタム テーブルの制御

コマンド ライン インターフェイスを使用してカスタム テーブルを制御する

マスク機能

マスク パラメーターへの制約の追加

マスク パラメーターを目的の仕様の範囲内にする

マスク コールバック コード

マスク コールバック コードを追加し、実行します。

マスクの初期化

MATLAB® コードを使用してブロック マスクを初期化します。

マスクへのパラメーターのプロモート

特定のブロック パラメーターをマスクに公開します。

プログラムによるマスクの制御

MATLAB コマンド ラインからブロック マスクを作成および編集します。

マスク内のブロックに値を渡す

マスク ダイアログ ボックスを使用した入力値を指定します。

リンク付きブロックのマスク

リンク付きブロックにカスタム インターフェイスを追加します。

バリアント サブシステムのマスク

Variant Subsystem ブロックをマスクするための推奨方法。

マスクされたブロックの測定単位の定義

マスクされたブロックの出力端子と入力端子に測定単位を設定する

マスク コールバック

動的なマスク ダイアログ ボックス

ユーザー入力に基づきマスク ダイアログ ボックスを変更します。

動的なマスク サブシステム

ブロックの構造的な内容を変更できるマスク ライブラリ ブロックを作成します。

MATLAB コードを使用するマスクのデバッグ

マスク初期化コード内でエラーをトラブルシューティングします。

モデル マスク

モデルのマスクの紹介

モデルのマスクについて学習します。

マスクしたモデルの作成と参照

モデルを対話方式でマスクする方法。

プログラムによるモデル マスクの制御

プログラムによるモデルのマスク方法。

モデル例

マスクのモデル例

マスク機能を説明する Simulink モデルを表示します。