Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

DataTypeStr パラメーターを利用したデータ型の指定

マスク パラメーターと同様に、[DataTypeStr] パラメーターもマスク エディターからマスク ダイアログ ボックスに追加できます。マスク ダイアログ ボックスに [DataTypeStr] パラメーターを追加することで、ブロックのエンド ユーザーは関連する [エディット] タイプ パラメーターの許容可能なデータ型を指定することができます。マスクの定義中に、[エディット] パラメーターに対して 1 つ以上のデータ型を指定できます。ブロックのエンド ユーザーはこれらのデータ型のいずれかから選択できます。[エディット] パラメーターのデータ型を指定することで、マスク ダイアログ ボックスを通じて提供できる入力値に関するルールが定義されます。

[DataTypeStr] パラメーターを使用することで、[エディット] パラメーターの最小値と最大値を指定することもできます。[最小値] および [最大値] マスク パラメーターを使用して、これらのパラメーターを [DataTypeStr] パラメーターに関連付けることで、最小値と最大値を指定することもできます。[DataTypeStr] パラメーターは固定小数点解析の実行に使用できます。

データ型を [エディット] パラメーターに関連付ける

  1. ブロックをマスクするモデルを開きます。たとえば、マスク パラメーターDataTypeStr モデルを開きます。

  2. [Subsystem ブロック] タブで Subsystem ブロックを選択し、[マスク] グループ内で [マスクの作成] をクリックします。

    メモ

    既存のマスクを編集している場合、マスク エディターを開くには、[Subsystem ブロック] タブの [マスク] グループ内で [マスクの編集] をクリックします。

  3. マスク エディターで [パラメーターとダイアログ] ペインをクリックし、[エディット][最小値][最大値][DataTypeStr] パラメーターを追加します。

  4. [エディット] パラメーターのデータ型を指定するには、マスク エディターの [ダイアログ ボックス] セクションで [DataTypeStr] を選択し、[プロパティ エディター] ペインの [データ型オプション] の隣にあるボタンをクリックします。[データ型オプション] エディターにはタブ形式のユーザー インターフェイスがあり、データ型のルールに関する次のタブが含まれています。

    1. 継承ルール - データ型を決定する継承ルールを指定します。継承ルールは 3 つのカテゴリでグループ化されます。共通の Simulink ルール、カスタム ルール、および詳細な Simulink ルール。既定では、[共通の Simulink ルール] および [詳細な Simulink ルール] は [継承ルール] タブにあります。詳細なルールのセクションでは、ブレークポイント データ、定数値、ゲイン、テーブル データ、論理データ、アキュムレータ、乗算出力および Simulink からルールを継承できます。また、入力と同じ語長をもつことも、すべての端子で同じデータ型をもつこともできます。MATLAB 検索パスにカスタム継承ルールが登録されている場合にのみ、カスタム ルールが [継承ルール] タブに一覧表示されます。一部の継承ルールの定義については、データ型の継承ルールを参照してください。

    2. 組み込み型: 1 つ以上の組み込みの Simulink® データ型 (doublesingle など) を指定します。詳細については、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。

    3. 固定小数点: 固定小数点データ型のスケーリング モードおよび符号付きモードを指定します。詳細については、固定小数点データ型の指定を参照してください。

    4. ユーザー定義: バス オブジェクト、列挙 (enum) データ型、または string を指定します。詳細については、列挙データ型の指定バス オブジェクト データ型の指定およびSimulink の stringを参照してください。

    5. 関連付け: データ型パラメーターと [エディット] パラメーターを関連付けます。[最小値] および [最大値] パラメーターを [エディット] パラメーターに関連付けることもできます。

  5. ルールの選択を保存するには、[データ型オプション エディター][OK] をクリックします。

  6. 変更を保存してマスク エディターを終了するには [OK] をクリックします。

DataTypeStr をプログラムによって表示する

MATLAB® コマンド ウィンドウで Simulink.Mask.get コマンドを使用して、ブロック マスクに指定されたデータ型の値を表示できます。MATLAB では、事前定義された用語を使用してコマンド ラインでデータ型の情報を表します。

次の例では、モデル例マスク パラメーターの [DataTypeStr] パラメーターをプログラムによって表示する方法を示しています。

maskobj = Simulink.Mask.get(gcb)
maskobj = 

Mask with properties:

                  Type: ''
                  Description: ''
                         Help: ''
               Initialization: ''
               SelfModifiable: 'off'
                      Display: ''
                    IconFrame: 'on'
                   IconOpaque: 'opaque'
         RunInitForIconRedraw: 'off'
                   IconRotate: 'none'
                   PortRotate: 'default'
                    IconUnits: 'autoscale'
                   Parameters: [1×4 Simulink.MaskParameter]
                     BaseMask: [0×0 Simulink.Mask]
         ParameterConstraints: [0×0 Simulink.Mask.Constraints]
         BlockConstraintRules: [0×0 Simulink.Mask.BlockConstraints]
    ConstraintParamAssociator: [0×0 Simulink.Mask.ConstraintParamAssociator]

maskobj.getParameter('DataTypeStrParameter')
ans = 

MaskParameter with properties:

Type: 'unidt({a=4|2|3|1}{i=Inherit: auto|Inherit: Inherit via internal rule}{b=double|single})'
    TypeOptions: {0×1 cell}
           Name: 'DataTypeStrParameter'
         Prompt: 'Output data type'
          Value: 'Inherit: auto'
       Evaluate: 'on'
        Tunable: 'off'
      NeverSave: 'off'
         Hidden: 'off'
       ReadOnly: 'off'
        Enabled: 'on'
        Visible: 'on'
    ShowTooltip: 'on'
       Callback: ''
          Alias: ''

[DataTypeStr] パラメーターに対して定義されたプロパティが結果として表示されます。この例では、指定されたデータ型オプションの用語を定義します。

Type: 'unidt({a=4|2|3|1}{i=Inherit: auto|Inherit: Inherit via internal rule}{b=double|single})'

ここで、Type[DataTypeStr] パラメーターに指定された値を表示します。また、次のような定義があります。

  • a[関連付け] を定義し、その対応する値は 4231 です。これらの値はパラメーターのインデックス番号であり、順番に [DataTypeStr][最小値][最大値]、および [エディット] パラメーターを表しています。

  • i[継承ルール] とその対応する値を Inherit: Same as first input として定義します。

  • b[組み込み型] とその対応する値を double および single として定義します。

参考