Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

共有の制約

パラメーター制約を作成して MAT ファイルに保存できます。マスク エディターから、またはプログラムで、制約を MAT ファイルに保存できます。複数のブロック マスクが MAT ファイルに保存されたパラメーターの制約を共有できます。共有の制約を作成するには、以下を行います。

  1. 制約マネージャーを起動します。

  2. [制約の作成] をクリックします。

  3. 必要な属性を指定して制約を作成します。

  4. [制約を MAT ファイルに保存] チェック ボックスをオンにして、MAT ファイル名を指定します。

  5. [適用] をクリックします。

共有された制約は [プロパティ エディター] セクションに <MATFileName>:<ConstraintName> の形式でリストされます。使用できる任意の制約を必要に応じて選択して [エディット] パラメーターと関連付けることができます。

共有の制約を作成するときは、次のことが推奨されます。

  • 制約を MATLAB パスにある MAT ファイルに保存する。

  • 制約にわかりやすい名前を付けて、他のユーザーがその制約の性質を簡単にわかるようにする。

関連するトピック