Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB コードを使用するマスクのデバッグ

マスク エディターに記述されたコード

マスク エディターに直接入力された初期化コマンドおよびパラメーター コールバックをデバッグするには、次を行います。

  • コマンドの末尾のセミコロンを削除して結果が MATLAB® コマンド ウィンドウにエコーされるようにする。

  • コード内に keyboard コマンドを配置して、コードの実行を停止し、キーボードによる制御を有効にする。

ヒント

エラーが発生したときにマスクの初期化コールバック コードのデバッグを停止するには、コマンド dbstop if caught error を使用します。

MATLAB エディター/デバッガーを使って記述されたコード

メモ

アイコン描画コマンドは、MATLAB エディター/デバッガーを使用してデバッグできません。アイコン描画コマンドの構文の詳細については、アイコンを描画するコマンドを参照してください。

ファイル内に記述された初期化コマンドおよびパラメーター コールバックは、他の MATLAB プログラム ファイルのデバッグの場合と同様に MATLAB エディター/デバッガーを使用してデバッグします。

初期化コマンドのデバッグ時には、マスク ワークスペースの内容を表示できます。ただし、パラメーター コールバックのデバッグ時にユーザーがアクセスできるのは、ブロックのベース ワークスペースのみです。マスク パラメーターの値が必要な場合は、get_param を使用してください。

関連するトピック