Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

マスクのモデル例

Simulink® のマスクのモデル例は、マスクのパラメーター、プロパティ、機能を理解して構成するのに役立ちます。この例はタイプ別にまとめられています。モデル例で次を行います。

  • マスクの定義を表示するには、View Mask ブロックをダブルクリックします。

  • マスク ダイアログ ボックスを表示するには、そのブロックをダブルクリックします。

目的

モデル例

関連するトピック

[パラメーター] コントロール タイプをマスク ダイアログ ボックスに追加します。例: Evaluate、Tune、Add Image、Pop-up、Combo-box、Slider and Dial、Slider Range

マスク パラメーター

マスク エディターの概要

  • 表示された端子ラベルのある不透明なマスクの追加 ([アイコンの透明性])。

  • [初期化の実行] 命令の指定

マスク アイコン描画

マスク エディターの概要

次の場合はダイアログ レイアウト オプションを使用。

  • マスク ダイアログ ボックスに [水平方向に広げる] を追加

  • 複数のパラメーターをタブにグループ化

  • 動的ポップアップ パラメーターを作成

  • マスク ダイアログ ボックスに折りたたみ可能なコンテンツを作成

  • テーブル コンテナーを作成して複数のパラメーターをグループ化

ダイアログ レイアウトのオプション

 

パラメーターをマスクにプロモート

マスク パラメーターのプロモーション

マスクへのパラメーターのプロモート

マスク コールバックの実行

マスク コールバック

マスク コールバック コード

マスクにイメージをアイコンとして表示

マスクの表示および初期化を定義する

ブロック アイコンへのイメージの追加
  • マスクでパラメーターを非表示化

  • マスク パラメーターの無効化

動的なマスク ダイアログ

 

マスクを自動変更に設定

自動変更ライブラリ マスク

自動変更マスクの作成

MATLAB グラフィックスを使用して MATLAB GUI を作成しマスク ダイアログとして使用

マスキングでグラフィックスを扱う

 

バリアント サブシステムのマスク

バリアント ブロックのマスク

 

自動変更インターフェイス ブロックの作成

自動変更インターフェイス ブロック

 

特定の不適切なプラクティスに従うと、マスク機能の予期しない動作につながる可能性があります。次の表に不適切なプラクティスをいくつか示します。

不適切なプラクティス

モデル例

コールバックが自身のスコープ外のエンティティを変更するようなマスク コールバックの使用は、予期しない動作につながりかねない

安全でないマスク コールバック エラー

入れ子のマスクで階層境界の外側のパラメーターを設定すると、予期しない動作につながりかねない

入れ子のマスク エラー

関連するトピック