Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マスクへのパラメーターのプロモート

ブロックおよびサブシステムは関連付けられた複数のパラメーターをもつことができます。ブロックのマスクは、これらのパラメーターの 1 つ以上を公開し、その他のパラメーターが表示されないようにします。特定のパラメーターをマスク ブロックにプロモートすることでインターフェイスを簡素化でき、ブロックのユーザーが表示や設定を行うことができるパラメーターを指定できます。

マスク エディターの [プロモート] ボタンを使用して、ブロックの基となる任意のパラメーターをブロック マスクまたはサブシステム マスクにプロモートできます。プロモートされたブロック パラメーターは、マスク内のパラメーターと関連付けられ、マスク ダイアログ ボックスからパラメーター値を編集できるようになります。

次の場合にパラメーターをブロック ダイアログ ボックスからマスクにプロモートします。

  • 必要なパラメーターをブロック ダイアログ ボックスからマスク ダイアログ ボックスに移動させることによってマスク ダイアログ ボックスをカスタマイズします。

  • モデルの別のインスタンスでライブラリ ブロックを再利用します。ライブラリ ブロックのインスタンスごとに、それぞれのブロックのパラメーターをプロモートすることによって、個別のマスク ダイアログ ボックスを作成できます。

[ゲイン][乗算] などのパラメーターをもつ Gain ブロックのブロック ダイアログ ボックスについて検討します。

Gain パラメーターのみを公開するには、Gain ブロックをマスクし、Gain パラメーターをマスク ダイアログ ボックスにプロモートします。

同様に、サブシステム ブロックをマスクし、サブシステム ブロックの子ブロックからマスクにパラメーターをプロモートすることもできます。サブシステムの子ブロックのパラメーターのデータ型が同一の場合、1 つのマスク パラメーターを複数のプロモートされたパラメーターと関連付けることができます。たとえば、サブシステム内の複数の [ゲイン] パラメーターをマスクの 1 つのダイアログ ボックスにプロモートできます。

パラメーターのデータ型が [popup] または [データ型] の場合、一緒にプロモートするパラメーターはオプションも同じでなければなりません。プロモートするすべてのパラメーターの [評価] 属性は同じでなければなりません。

関連する例については、「マスク パラメーターをプロモートする」を参照してください。

プロモートされたパラメーターの属性を変更することもできます。たとえば、プロモートされたパラメーターを読み取り専用にしたり非表示にしたりできます。属性の詳細については、プロパティ エディター を参照してください。

基となるパラメーターのブロック マスクへのプロモート

  1. パラメーターのプロモートを行うブロックを選択します。

  2. [ブロック] タブで、[マスクの作成] をクリックします。

  3. [マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーターとダイアログ] タブをクリックします。

  4. [コントロール] ペインの [プロモート] をクリックします。

  5. [プロパティ エディター] ペインで [データ型オプション] の隣の をクリックします。

    [プロモート済みパラメーター セレクター] ダイアログ ボックスを使用してプロモートするパラメーターを選択します。

  6. パラメーターを [プロモート済みパラメーターのリスト] に追加するには、[プロモート可能なパラメーター] テーブルからパラメーターを選択して [プロモート済みパラメーター リストに追加] ボタン をクリックします。

    [Type] などのパラメーターのプロパティを表示するには、[プロモート可能なパラメーター] ペインのパラメーター名にカーソルを合わせます。

    ヒント

    • [子ブロック] リストまたは [検索] ボックスを使用して、プロモートするブロック パラメーターを見つけることができます。

    • シミュレーションの最中にプロパティを調整できないようにするために、調整可能なパラメーターをプロモートするときに [調整可能] 属性を無効にできます。

  7. [OK] をクリックします。

  8. [マスク エディター] ダイアログ ボックスで、プロモートするパラメーターの表示名を編集して [OK] をクリックします。変数名は編集できません。プロモートされたパラメーターの属性を [プロパティ エディター] セクションで変更できます。たとえば、プロモートされたパラメーターを、読み取り専用、評価、非表示、調整可能としてマークできます。詳細については、プロパティ エディターを参照してください。

  9. [OK] をクリックします。ブロック マスクを確認します。プロモートしたパラメーターのみが設定できます。

    メモ

    • [すべてプロモート] を使用してすべてのパラメーターをプロモートできます。[すべてプロモート] は、サブシステム マスクを除くすべてのブロック マスクに使用できます。

    • プロモートしたパラメーターを削除するには、パラメーターを選択して Delete キーを押します。

    • マスクまたはリンクされた入れ子の子ブロックのパラメーターについては、表示やプロモートはできません。

基となるパラメーターのサブシステム マスクへのプロモート

  1. サブシステムを選択します。

  2. [Subsystem ブロック] タブの [マスク] グループで、[マスクの作成] をクリックします。

  3. [マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーターとダイアログ] タブをクリックします。

  4. [コントロール] ペインの [プロモート] をクリックします。

  5. [プロパティ エディター] ペインで [データ型オプション] の隣の をクリックします。

  6. [プロモート済みパラメーター セレクター] ダイアログ ボックスでプロモートするパラメーターを選択します。

  7. パラメーターを [プロモート済みパラメーターのリスト] に追加するには、[プロモート可能なパラメーター] テーブルからパラメーターを選択して [プロモート済みパラメーター リストに追加] ボタン をクリックします。

    異なる子ブロックの同じデータ型のパラメーターを [プロモート済みパラメーター] リストに追加できます。たとえば、異なる子ブロックの Gain パラメーターを [プロモート済みパラメーター] リストに追加して、マスクの単一の Gain パラメーターにプロモートできます。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [マスク エディター] ダイアログ ボックスで、プロモートするパラメーターの表示名を編集して [OK] をクリックします。変数名は編集できません。

  10. [OK] をクリックします。ブロック マスクを確認します。プロモートしたパラメーターのみが設定できます。

関連付けられないプロモート済みパラメーター

プロモート済みパラメーターが基礎となるブロック パラメーターから切断されると、プロモート済みパラメーターは関連付けられません。関連付けられないプロモート済みパラメーターにより、プロモート済みパラメーターは対応するブロック パラメーターを検出できず、モデルでエラーが発生する場合があります。プロモート済みパラメーターが関連付けられない理由は次のとおりです。

  • 基礎となるブロックが削除されている。

  • 基礎となるブロックが、同じ名前の別のブロックで置き換えられているが、パラメーターが指定されていない。

  • 基礎となるブロックが別のマスク内で移動している。

ベスト プラクティス

  • プロモートしたパラメーターの値の設定は、基礎になるブロックのダイアログ ボックスやコマンド ラインではなく、必ずマスク ダイアログ ボックスで実行します。

  • 一度プロモートしたパラメーターを、ほかのマスクに再度プロモートすることはできません。

  • プロモートしたパラメーターの [評価] 属性は編集しないでください。このプロパティはブロック パラメーターから継承されます。

  • 調整可能でないパラメーターをプロモートする場合、[調整可能] 属性は編集しないでください。

  • マスクまたはリンクされた子ブロックのパラメーターの表示やプロモートはできません。

  • ブロック パラメーターと関連付けられたコールバックはブロック マスクにプロモートされますが、サブシステム マスクにはプロモートされません。ユーザー定義のコールバックは、ダイアログの動的なコールバックが実行された後に順番に実行されます。

マスクにおけるブロック パラメーターのプロモート

パラメーターのプロモーションを使用して、ブロックの基となる任意のパラメーターをブロック マスクまたはサブシステム マスクにプロモートできます。このモデルには 3 つの Gain ブロック (Gain1Gain2、*Gain3) をもつサブシステムが含まれます。変数 K はこれらの Gain ブロックのゲイン パラメーターを表します。これらの各 Gain ブロックのゲイン パラメーターのみをブロック マスクに単一のパラメーターとしてプロモートできます。これを行うと、編集用のマスクでパラメーター K が使用可能になり、その値は Gain1 ブロック、Gain2 ブロック、および Gain3 ブロックに適用されます。

  1. Subsystem ブロックを選択します。

  2. [Subsystem ブロック] タブの [マスク] グループで、[マスクの作成/マスクの編集] をクリックします。

  3. [マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーターとダイアログ] タブをクリックします。

  4. [コントロール] ペインの [プロモート] をクリックします。

  5. [プロパティ エディター] ペインで、[タイプ オプション] フィールドをクリックします。

  6. [プロモート済みパラメーター セレクター] ダイアログ ボックスで、[Gain1] を選択します。

  7. [プロモート可能なパラメーター] テーブルから [ゲイン] を選択して [プロモート済みパラメーター リストに追加] ボタンをクリックします。同様に、[Gain2] のゲイン パラメーターを追加します。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [マスク エディター] ダイアログ ボックスで、[ゲイン] パラメーターのプロンプト名を編集します。ここで使用されるプロンプトは共通ゲインです。

  10. [OK] をクリックし、多対 1 のプロモーションをもつサブシステム マスクの作成を終了します。

  11. モデルをシミュレートします。値 4 がマスクから基礎となるブロック Gain1Gain2Gain3 に渡される点に注目してください。この場合、出力に 64 と示されます。

open_system('promote_block_param_to_mask');

関連するトピック