Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

大量のマスク パラメーターの処理

[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [テーブル] コントロールを使用して大量のマスク パラメーターを整理することができます。[テーブル] コントロールでは、大量 (500+) のマスク パラメーターを処理できます。[テーブル] には、[エディット][チェックボックス][ポップアップ] のパラメーターを含めることができます。

また、大量のマスク パラメーターを [テーブル] にプログラムで追加することもできます。次に例を示します。

% Get mask object.
aMaskObj = Simulink.Mask.get(gcbh); 

% Add Table controls to the mask. 
aMaskObj.addDialogControl('Table', 'MyTable');

% Add parameters to table container.
for i = 1:length(Parameters) % To import values from an array called 'Parameters'
    aMaskObj.addParameter('Name', Parameters(i).Name, 'Type', Parameters(i).Type, 'Container', 'MyTable');    
end 

関連するトピック