Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink および MATLAB ワークスペースとのパラメーターの共有

"パラメーター" は、以下に該当する定数データ オブジェクトです。

  • MATLAB® ベース ワークスペースでの定義が可能。

  • マスク内で定義および初期化する Simulink® ブロック パラメーターから派生させることが可能。

パラメーターを使用して、データの値とプロパティのハードコードを回避します。Simulink パラメーターをチャートと共有すると、Simulink モデルとの整合性を維持できます。

ステート、MATLAB 関数、真理値表など、チャート内の複数の Stateflow® オブジェクト内のパラメーター値にアクセスできます。データ プロパティを定義する次のような式にパラメーターを含めることができます。

  • サイズ

  • 初期値

  • 最小値と最大値

  • 固定小数点データのプロパティ

詳細については、MATLAB 式を使用したデータ プロパティの指定を参照してください。

MATLAB ベース ワークスペースからのパラメーターの初期化

MATLAB ベース ワークスペースおよび Stateflow 階層で定義することにより、パラメーターを初期化できます。

  1. MATLAB ベース ワークスペース内で変数を定義して初期化します。

  2. Stateflow 階層で、MATLAB 変数と同じ名前のデータ オブジェクトを定義します。

  3. Stateflow データ オブジェクトのスコープを [パラメーター] に設定します。

シミュレーションが開始されると、データが解決されます。このプロセス中に、Stateflow パラメーターは、関連付けられている MATLAB 変数から値を取得します。

チャートとの Simulink パラメーターの共有

Stateflow チャートを含む Simulink サブシステムのパラメーターは、サブシステム用のマスクを作成することによって共有できます。

  1. 親サブシステムの Simulink マスク エディターで、Simulink パラメーターを定義して初期化します。

  2. Stateflow 階層で、Simulink パラメーターと同じ名前のデータ オブジェクトを定義します。

  3. Stateflow データ オブジェクトのスコープを [パラメーター] に設定します。

シミュレーションが開始されると、Simulink により、最下位レベルのマスク サブシステムで、Stateflow データ オブジェクトのパラメーターへの解決が試みられます。失敗した場合は、モデルの階層構造の上位レベルのマスク サブシステムでデータ オブジェクトがパラメーターに解決しようと、Simulink によりモデル階層が上に移動されます。

関連するトピック