Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ仕様の基礎

データ オブジェクトのプロパティを選択する

データを使用することにより、Stateflow® チャートの動作を制御し、他のチャート、Simulink® ブロック、および MATLAB® ワークスペースと通信します。[シンボル] ペインを使って新しいデータを追加し、未定義または未使用のデータを除去します。プロパティ インスペクターで、スコープ、型、サイズなどのデータ プロパティを制御します。

トピック

Stateflow データの追加

データを定義して、チャートの専用ワークスペース内に保存する。

データ プロパティの設定

プロパティ インスペクターまたはモデル エクスプローラーを使用してデータのプロパティを指定する。

[シンボル] ペインでのデータ、イベントおよびメッセージの管理

非グラフィカル オブジェクトを追加、削除、トレースする。

チャートの未定義シンボルを解決

未定義のデータ、イベント、メッセージを検出して追加する。

Simulink および MATLAB ワークスペースとのデータの共有

Simulink モデルおよび MATLAB ベース ワークスペースと共有するデータを定義する。

Simulink および MATLAB ワークスペースとのパラメーターの共有

パラメーターを定義して、Simulink モデルおよび MATLAB ベース ワークスペースと定数データを共有する。

チャートからのデータ ストア メモリへのアクセス

Simulink のグローバル データを表す Stateflow データ オブジェクトを作成する。

チャート データの整数オーバーフローの処理

算術のオーバーフローの動作として飽和またはラップを選択する。

ドット表記を使用したデータの識別

チャート階層内の場所によってデータを指定する。

注目の例