Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Stateflow エディター インターフェイス

Stateflow® エディターを使用してチャート要素を管理する

Stateflow チャートの外観を変更します。グラフィカル オブジェクトと非グラフィカル オブジェクトを追加します。チャートの編集時にエラーを見つけて修正します。

トピック

Stateflow エディターの操作

Stateflow エディターで Stateflow チャートを作成する。

検索および置換ツールの使用

Stateflow チャート内でテキストを検索して置換する。

[シンボル] ペインでのデータ、イベントおよびメッセージの管理

非グラフィカル オブジェクトを追加、削除、トレースする。

チャートの未定義シンボルを解決

未定義のデータ、イベント、メッセージを検出して追加する。

Stateflow オブジェクトに対するモデル エクスプローラーの使用

Simulink® モデル内で Stateflow オブジェクトを作成、表示、変更、削除する。

チャート内への説明コメントの追加

チャート内に説明的な注釈を作成する。

アクティビティ プロファイラーによるチャート実行の可視化

ステートがアクティブだった期間、遷移が実行された回数、関数の呼び出し頻度を Stateflow チャートで可視化する。

編集時のモデリング エラーの検出

Stateflow チャートの設計時にモデリング エラーを検出する。

Dashboard ブロックと Stateflow との接続

Dashboard ブロックを使用すると、シミュレーション中、およびシミュレーションの一時停止中に、Stateflow チャートの制御と可視化ができます。