Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

チャート内への説明コメントの追加

Stateflow® チャート上の任意の場所にコメントや注釈を入力できます。注釈には、次のものを任意に組み合わせて含めることができます。

  • テキスト。

  • イメージ。

  • TeX コマンドを使用した方程式。

  • Web サイトを開くか、MATLAB® 関数を実行するハイパーリンク。メモと注釈を使用したモデルの説明 (Simulink)を参照してください。

注釈を作成するには、次を行います。

  1. チャートの希望する場所をダブルクリックします。注釈ボックスが表示されます。

  2. 注釈ボックスにコメントを入力します。改行するには、Enter キーを押します。

  3. 入力が終了したら、注釈ボックスの外部をクリックします。

注釈プロパティの変更

注釈書式設定のツール バー、注釈のコンテキスト メニュー、または注釈プロパティのダイアログ ボックスを使用して、既存の注釈のスタイルを変更できます。

  • 注釈書式設定のツール バーにアクセスするには、注釈テキストをダブルクリックします。書式設定ツールボックスのボタンを使ってフォント スタイル、テキスト配置、色、その他のオプションを変更できます。詳細については、メモと注釈を使用したモデルの説明 (Simulink)を参照してください。

  • 注釈のコンテキスト メニューを開くには、注釈テキストを右クリックして次のいずれかのオプションを選択します。

    • 書式設定 - フォント サイズ、スタイル (太字またはイタリック)、および注釈テキストの周りに影を表示するかどうかを選択します。

    • テキスト配置 - 左揃え、中央揃え、右揃えのテキストから選択します。

    • TeX コマンドを有効にする - 注釈テキストに TeX 書式設定コマンドを含めます。TeX 書式設定指示を含めるを参照してください。

  • 注釈プロパティのダイアログ ボックスを開くには、注釈テキストを右クリックして [プロパティ] を選択します。以下のような注釈レイアウトを指定できます。

    • 固定の高さと幅のオプション。

    • テキストの色と背景色。

    • テキストの配置。

    • 注釈のテキストと境界の間の余白。

TeX 書式設定指示を含める

注釈に TeX コマンドのサブセットを組み込んで、ギリシャ文字や数学記号などの特殊文字を生成することができます。たとえば、次の注釈テキストを入力したとします。

\it{\omega_N = e^{(-2\pii)/N}}
[TeX コマンドを有効にする] の注釈プロパティを選択すると、チャートではこの注釈が次のように表示されます。

注釈での TeX コマンドの使用に関する詳細の一覧については、メモと注釈を使用したモデルの説明 (Simulink)を参照してください。

関連するトピック