Main Content

contains

string に部分文字列が含まれているかの判別

説明

tf = contains(str,substr) は、string str に部分文字列 substr が含まれている場合は 1 (true) を返し、それ以外の場合は 0 (false) を返します。

tf = contains(str,substr,IgnoreCase=true) は、大文字小文字の違いを無視して、strsubstr が含まれているかどうかをチェックします。

メモ

contains 演算子は、C をアクション言語として使用する Stateflow® チャートではサポートされません。

すべて展開する

string "Hello, world!" には部分文字列 "World" が含まれていないため、値 0 (false) を返します。

str = "Hello, world!";
substr = "World";
x = contains(str,substr);

Stateflow chart that uses the contains operator in a state.

大文字小文字を区別しない場合、string "Hello, world!" には部分文字列 "World" が含まれているため、値 1 (true) を返します。

str = "Hello, world!";
substr = "World";
x = contains(str,substr,IgnoreCase=true);

Stateflow chart that uses the contains operator in a state.

入力引数

すべて展開する

入力 string。string スカラーとして指定します。リテラル文字列は二重引用符で囲みます。

例: "Hello"

部分文字列。string スカラーとして指定します。リテラル文字列は二重引用符で囲みます。

例: "Hello"

制限

バージョン履歴

R2021b で導入