ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタマイズされたモデルの動作のコールバック

モデル、ブロックおよび端子のコールバック

コールバックはユーザーが定義できるコマンドであり、モデルを開く処理やシミュレーションの停止など、特定のモデリング アクションに応じて実行されます。コールバックでは、ブロック線図またはブロックが特定の方法で処理されたときに実行される MATLAB® 式を定義します。

Simulink® は、ある種のモデル アクションを識別するモデル、ブロックおよび端子のコールバック パラメーターを提供します。コールバック パラメーターには、コードを与えます。このコードは、関連するモデリング アクションが発生したときに、Simulink が実行します。

たとえば、PreLoadFcn モデルのコールバック パラメーターに指定したコードは、モデルの読み込み前に実行されます。PreLoadFcn にコードを与えて、モデルが使用する変数を MATLAB ワークスペースに読み込むことができます。

コールバックで可能な処理

コールバックは、Simulink モデルをカスタマイズするのに役立ちます。コールバックが実行されるのは、ブロックをダブルクリックしたときや、シミュレーションを開始したときなど、モデル上でアクションを実行したときです。コールバックを使用して、MATLAB コードを実行できます。モデル、ブロックまたは端子のコールバックを使用して、以下のような一般的なタスクを実行できます。

コールバック コード内でコマンドの実行を避ける

run コマンドは、モデルまたはブロックのコールバック コード内から呼び出さないでください。呼び出すと、Simulink モデルの読み込み、コンパイルまたはシミュレーションを実行した場合、予期しない動作 (エラー、不正確な結果など) が生じる場合があります。

関連するトピック