Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロックのコールバック

ブロックのコールバックの指定

  1. プロパティ インスペクターを開きます。[モデル化] タブの [設計][プロパティ インスペクター] をクリックします。

  2. コールバックを指定するブロックを選択します。プロパティ インスペクターの [プロパティ] タブの [コールバック] セクションで、定義するコールバックを選択します。

  3. ボックス内に、コールバックで実行する関数を入力します。

プログラムによりブロックのコールバックを指定するには、set_param を使用して、MATLAB® コードをブロックのコールバック パラメーターに割り当てます。

ブロック コールバック パラメーター

モデリング アクションが起こる前か起こった後にブロックのコールバックが実行される場合、そのコールバックはモデリング アクションの直前または直後に発生します。

 ブロックを開くコールバック パラメーター

 ブロックを編集するコールバック パラメーター

 ブロックのコンパイルおよびシミュレーションのコールバック パラメーター

 ブロックを保存するまたは閉じるコールバック パラメーター

 Subsystem ブロックのコールバック パラメーター

関連するトピック