Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.HMI.InstrumentedSignals

信号ログの指定の保存と復元

説明

Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトは、サブシステム内の信号、ライブラリ インスタンス、および Stateflow® チャートを含む、モデル内のログ記録された信号の仕様として動作します。関数 get_paramInstrumentedSignals モデル パラメーターと共に使用して、モデルのログ コンフィギュレーション用に Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトを取得できます。さまざまなログ コンフィギュレーションを Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトとして保存し、set_param を使用してモデルのログ コンフィギュレーションを簡単に入れ替えることができます。

メモ

モデルの InstrumentedSignals オブジェクトには、参照モデル内でログ記録された信号は含まれません。参照モデル内でログ記録された信号のリストを取得するには、参照モデル用に InstrumentedSignals オブジェクトを作成します。

作成

関数 get_param は、InstrumentedSignals モデル パラメーター用の Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトを返します。

プロパティ

すべて展開する

ログ記録された信号のリストに対応するモデルの名前。

例: 'sldemo_fuelsys'

モデル内のログに記録された信号の数。

例: 10

データ型: uint32

すべて折りたたむ

この例では、Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトを使用して、別の信号ログ コンフィギュレーションを使用したシミュレーションの実行後に復元するために、ログ記録された信号のセットを保存する方法について示します。

初期の信号ログ コンフィギュレーションの保存

この例では、10 個の信号をログ記録するよう構成されている sldemo_fuelsys モデルを使用します。モデルを開き、関数 get_param を使用して、信号ログ コンフィギュレーションを表す Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトを取得します。

load_system sldemo_fuelsys

initSigs = get_param('sldemo_fuelsys','InstrumentedSignals');

初期の信号ログ コンフィギュレーションを、後で使用できるように MAT ファイルに保存できます。

save initial_instSigs.mat initSigs

すべてのログ バッジの削除

信号をログに記録しないという基本に戻るために、関数 set_param を使用してモデルの信号からすべてのログ バッジを削除できます。次に、信号の別のコンフィギュレーションを簡単に選択して Simulink™ エディターにログインするか、関数 Simulink.sdi.markSignalForStreaming を使用できます。

set_param('sldemo_fuelsys','InstrumentedSignals',[])

保存されたログ コンフィギュレーションの復元

ログに記録された信号の異なるセットを操作した後、Simulink.HMI.InstrumentedSignals オブジェクトを使用して、保存されたコンフィギュレーションを復元できます。たとえば、ログ コンフィギュレーションを MAT ファイルに保存した場合、その MAT ファイルの内容をワークスペースに読み込み、関数 set_param を使用して、以前に保存したログ コンフィギュレーションを復元できます。

load initial_instSigs.mat

set_param('sldemo_fuelsys','InstrumentedSignals',initSigs)
R2015b で導入