Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Display

シミュレーション中の信号値の表示

  • ライブラリ:
  • Simulink / Dashboard

  • Dashboard Display block

説明

Display ブロックはモデル内で信号に接続し、シミュレーション中にその値を表示します。直観的な値が表示されるように Display ブロックの外観と形式を設定できます。シミュレーション中に Display ブロックのパラメーターを編集できます。Display ブロックは、複素信号、ベクトル信号、および 2 次元行列の信号を表示できます。Display ブロックをその他の Dashboard ブロックと共に使用し、コントロールおよびインジケーターからなる、モデルの対話型のダッシュボードを作成します。

Dashboard ブロックの接続

Dashboard ブロックはモデル要素への接続に端子を使用しません。Dashboard ブロックをモデル内の信号に接続するには、接続モードを使用します。接続モードを使用すると、モデル内で Dashboard ブロックを接続するプロセスが簡単になり、特に複数のブロックを一度に接続する場合に便利です。Dashboard ブロックを 1 つ接続するには、ブロック ダイアログ ボックスの [接続] テーブルを使用することもできます。

ヒント

ノーマル モードとアクセラレータ モードのシミュレーション中に Dashboard ブロックの接続を変更できます。

接続モードに切り替えるには、Dashboard ブロックを選択して接続します。次に、[ブロック] タブで [接続] をクリックします。接続モードでは、信号やブロックを 1 つ以上選択すると、接続に使用できる信号のリストが表示されます。選択した Dashboard ブロックに接続する信号をリストから選択します。別の Dashboard ブロックを接続するには、接続するブロックで一時停止し、その上に表示される [接続] ボタンをクリックします。その後、モデルで 1 つ以上の信号およびブロックを選択し、接続する信号を選択します。

モデルで Dashboard ブロックの接続が完了したら、[ブロック] タブで [接続完了] をクリックします。

ヒント

ShowInitialText ブロック パラメーターをもつ関数 set_param を使用して、接続されていないブロックに表示されるメッセージを非表示にできます。ブロックを接続すると、メッセージも表示されなくなります。

制限

  • コメント アウトされたブロックには、[接続] テーブルを使用して Dashboard ブロックを接続することはできません。コメント化されたブロックに接続モードを使用して Dashboard ブロックを接続した場合、ブロックのコメントを解除するまでは Dashboard ブロックに接続された値が表示されません。

  • ツールストリップは、パネル内にある Dashboard ブロックをサポートしていません。

  • Dashboard ブロックは参照モデル内の信号には接続できません。

  • モデルの階層構造をシミュレーションすると、参照モデル内の Dashboard ブロックで更新は実行されません。

  • Dashboard ブロックは、ラピッド アクセラレータ シミュレーションをサポートしていません。

  • シミュレーション中は、Stateflow® で Dashboard ブロックをデータまたはアクティビティに接続することはできません。

  • アクセラレータ モード シミュレーションのためのブロックの削減または最適化により、一部の信号にはシミュレーションで使用できるデータが含まれないことがあります。Dashboard ブロックを使用してこのような信号を表示するには、信号をログ記録用にマークします。

パラメーター

すべて展開する

接続テーブルを使用してブロックに接続する信号を選択します。ブロックを信号に接続するには、次のようにします。

  1. 1 つ以上の信号を含むモデルで選択を行います。

  2. テーブルで接続する信号を選択します。

  3. [適用] をクリックします。

ヒント

シミュレーション中にモデルで Dashboard ブロックを信号に接続できます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Binding
型: Simulink.HMI.SignalSpecification
既定の設定: []

信号の値を表示する形式。次の値のいずれかとして指定します。

  • short — 小数点以下 4 桁のスケーリングされた固定小数点形式

  • longdouble 値の場合は小数点以下 15 桁、single 値の場合は小数点以下 7 桁のスケーリングされた固定小数点形式

  • shortE — 4 桁の科学表記形式

  • longEdouble 値の場合は小数点以下 15 桁、single 値の場合は小数点以下 7 桁の科学表記形式

  • shortG — データは、固定小数点または科学表記の間でよりコンパクトな形式を取り、合計の桁数は 5 桁

  • longG — データは、double 値の場合は合計 15 桁、single 値の場合は合計 7 桁の、固定小数点または科学表記の間でよりコンパクトな形式を取る

  • shortEng — 小数点以下 4 桁の工学表記 (指数が 3 の倍数)。

  • longEng — 有効桁数 15 桁の工学表記 (指数が 3 の倍数)。

  • + — 正/負形式。正、負、およびゼロの値がそれぞれ +-、および空白文字で表示される

  • bank — 小数点以下 2 桁の通貨形式

  • hex — 16 進数表現

  • rat — 比率

  • Custom —カスタム string 形式。データは、[書式文字列] パラメーターを使用して指定するカスタム string で表示されます。

  • Integer — 最も近い 0 または正の整数へ丸められたデータ

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Format
型: 文字配列 | string
: 'short' | 'long' | 'shortE' | 'longE' | 'shortG' | 'longG' | 'shortEng' | 'longEng' | 'bank' | '+' | 'hex' | 'rat' | 'Custom' | 'Integer'
既定の設定: 'short'

表示される信号データを書式設定するカスタム string。string として指定します。書式文字列はテキストと、% 記号で始まり変換文字で終わる書式演算子で構成されます。string の信号データを表示する場所で書式演算子を使用します。サポートされる書式演算子の詳細については、関数 composeformatSpec 入力を参照してください。

例: The value of pi is %.2f は文中の接続された信号の値を表示します。

例: $%.2f は接続された信号の値を、ドル記号付きの小数点以下 2 桁で表示します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[形式] パラメーターを Custom に設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: FormatString
型: 文字配列 | string
既定の設定: '%d'

Display ブロック内のテキスト配置。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Alignment
タイプ: 文字配列
値: 'Left' | 'Center' | 'Right'
既定の設定: 'Center'

ブロック ラベルの位置。ブロックがモデル内の要素に接続されている場合、ラベルは接続された要素の名前です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LabelPosition
型: 文字ベクトル
値: 'Hide' | 'Bottom' | 'Top'
既定の設定: 'Hide'

ブロックの背景の不透明度。0 ~ 1 のスカラー値として指定します。

例: 0.5

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Opacity
タイプ: スカラー
既定の設定: 1

非スカラー データの要素を並べ替える方法。次のいずれかのオプションとして指定します。

  • Preserve dimensions — 信号の次元に一致するように要素を並べて表示する。

  • Fill available space — 使用できるスペース内にできるだけ多くの要素を表示する。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Layout
型: 文字配列 | string
: 'Preserve dimensions' | 'Fill available space'
既定の設定: 'Preserve dimensions'

ブロックが非スカラー データを表示する場合に、ブロックでグリッドを表示する場所。[グリッド色] パラメーターを使用してグリッドの色を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ShowGrid
型: 文字配列 | string
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

テキストを含むブロックの前景色。標準色のパレットから色を選択するか、カスタムの色を指定できます。

プログラムでの使用

ブロックの ForegroundColor パラメーターを値が 0 から 1 の間の、13 列の [r g b] ベクトルとして指定します。

ブロック パラメーター: ForegroundColor
型: [r g b] ベクトル

背景色。標準色のパレットから色を選択するか、カスタムの色を指定できます。

プログラムでの使用

ブロックの BackgroundColor パラメーターを値が 0 から 1 の間の、13 列の [r g b] ベクトルとして指定します。

ブロック パラメーター: BackgroundColor
型: [r g b] ベクトル

ブロックのグリッド色。ブロックが非スカラー データを表示する場合、グリッドが表示されます。標準色のパレットから色を選択するか、カスタムの色を指定できます。

プログラムでの使用

ブロックの GridColor パラメーターを値が 0 から 1 の間の、13 列の [r g b] ベクトルとして指定します。

ブロック パラメーター: GridColor
型: [r g b] ベクトル
既定の設定: [0.502 0.502 0.502]

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | half | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

バージョン履歴

R2017b で導入