Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Dashboard Scope

シミュレーション中の信号を追跡

  • ライブラリ:
  • Simulink / Dashboard

  • Dashboard Scope block

説明

Dashboard Scope ブロックは、接続された信号をシミュレーション中にスコープ表示に表示します。Dashboard Scope ブロックをその他の Dashboard ブロックと共に使用し、モデル用にコントロールおよびインジケーターの対話型のダッシュボードを作成できます。Dashboard Scope ブロックを使用すると、シミュレーション全体で信号の動作の全体像を把握できます。Dashboard Scope ブロックを使用して、Simulink® がサポートするすべてのデータ型 (列挙データ型を含む) の信号を表示します。Dashboard Scope ブロックは、最大 8 つの行列またはバスの信号を表示できます。

Dashboard ブロックの接続

Dashboard ブロックはモデル要素への接続に端子を使用しません。Dashboard ブロックをモデル内の信号に接続するには、接続モードを使用します。接続モードを使用すると、モデル内で Dashboard ブロックを接続するプロセスが簡単になり、特に複数のブロックを一度に接続する場合に便利です。Dashboard ブロックを 1 つだけ接続する場合は、ブロック ダイアログ ボックスの [接続] テーブルを使用することもできます。

ヒント

ノーマル モードとアクセラレータ モードのシミュレーション中に Dashboard ブロックの接続を変更できます。

接続モードに切り替えるには、Dashboard ブロックを選択して接続してから、[ブロック] タブで [接続] をクリックします。接続モードでは、信号やブロックを 1 つ以上選択すると、接続に使用できる信号のリストが表示されます。選択した Dashboard ブロックに接続する信号をリストから選択します。別の Dashboard ブロックを接続するには、接続するブロックで一時停止し、その上に表示される [接続] ボタンをクリックします。その後、モデルで 1 つ以上の信号およびブロックを選択し、接続する信号を選択します。

モデルで Dashboard ブロックの接続が完了したら、[ブロック] タブで [接続完了] をクリックします。

ヒント

ShowInitialText ブロック パラメーターをもつ関数 set_param を使用して、接続されていないブロックに表示されるメッセージを非表示にできます。ブロックを接続すると、メッセージも表示されなくなります。

データ カーソル

Dashboard Scope ブロックにデータ カーソルを追加し、表示される信号を検査できます。データ カーソルは、Dashboard Scope ブロックが選択されると表示されます。Dashboard Scope ブロックが選択された状態で、表示される信号に沿ってカーソルを移動させて、各タイム サンプルに対応するデータ値を表示することができます。カーソルを 2 つ表示する場合、カーソル間の時間軸に沿ったボックスに、2 つのカーソル間の時間差が表示されます。

データ カーソルを追加するには、Dashboard Scope ブロックを右クリックします。[データ カーソル] メニューで、追加するカーソルの数を選択します。

ズームとパン

ズームおよび移動して信号を検査することもできます。ズームと移動のモードを変更するには、Dashboard Scope ブロックを右クリックし、ズームまたは移動モードを選択します。

信号の外観

ブロック ダイアログ ボックスの [接続] テーブルから、Dashboard Scope ブロックに接続された信号の色とライン スタイルを変更できます。接続された信号の外観を変更するには、以下のようにします。

  1. [接続] テーブルの [スタイル] 列で、信号の外観のプレビューをクリックします。

  2. 信号の色を標準のカラー パレットから選択するか、RGB 値を 0255 の範囲で指定します。

  3. 信号の外観ダイアログの [スタイル] セクションで、ライン スタイルを実線、点線、破線、一点鎖線のオプションから選択します。

1 つの信号に対する信号の色とライン スタイルは、モデル全体で一貫性が保たれます。信号のライン スタイルと色は、ログ信号の [計測のプロパティ] か、信号に接続された Dashboard Scope ブロックの Dashboard Scope ブロック ダイアログで構成できます。[スタイルと色のオーバーライド] の設定は既定ではオンになっており、Dashboard Scope ブロック ダイアログ ボックスで選択した信号の外観オプションによって、モデルの他の箇所で構成された信号の外観オプションをオーバーライドするかどうかを制御します。[スタイルと色のオーバーライド] の設定をオフにすると、Dashboard Scope ブロックのダイアログ ボックスで行った変更は適用されません。

ブロック ダイアログ ボックスを使用して Dashboard Scope ブロックに信号を接続するとき、接続する信号に使用される既定の信号の色とライン スタイルが [接続] テーブルに表示されます。[接続] テーブルにおいて、接続する信号のチェック ボックスをオンにしていくとともに、選択項目内の残りの信号から接続する次の信号に使用される既定のスタイルと色が更新されます。

複素信号

Dashboard Scope ブロックは、[複素数形式] に従って複素数信号を表示します。信号のログ バッジを右クリックして [プロパティ] を選択するとアクセスできる [計測のプロパティ] ダイアログ ボックスを使用して、信号の [複素数形式] を設定できます。

信号は次の [複素数形式] を取ることができます。

  • 実数-虚数

  • 振幅-位相

  • 振幅

  • 位相

信号の [複素数形式][実数-虚数] または [振幅-位相] に設定すると、Dashboard Scope ブロックは信号の両方の成分を表示します。実数成分または振幅成分は、[接続] テーブルで示される色で表示されます。虚数成分または位相成分は、[接続] テーブルで示される異なる色調の色で表示されます。

制限

  • コメント アウトされたブロックには、[接続] テーブルを使用して Dashboard ブロックを接続することはできません。コメント化されたブロックに接続モードを使用して Dashboard ブロックを接続した場合、ブロックのコメントを解除するまでは Dashboard ブロックに接続された値が表示されません。

  • ツールストリップは、パネル内にある Dashboard ブロックをサポートしていません。

  • Dashboard ブロックは参照モデル内の信号には接続できません。

  • モデルの階層構造をシミュレーションすると、参照モデル内の Dashboard ブロックで更新は実行されません。

  • Dashboard ブロックは、ラピッド アクセラレータ シミュレーションをサポートしていません。

    • シミュレーション中は、Stateflow® で Dashboard ブロックをデータまたはアクティビティに接続することはできません。

    • 一部の信号は最適化によって削除され、アクセラレータ モードのシミュレーション中に使用できません。Dashboard ブロックを使用してこのような信号を表示するには、信号をログ記録用にマークします。

パラメーター

すべて展開する

[接続] テーブルを使用して、接続する 1 つ以上の信号を選択します。モデル内で目的の信号を選択し、[接続] テーブルを入力します。表示する信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。[適用] をクリックし、信号を接続します。モデルの理解とデバッグを容易にするために、シミュレーション中に信号を Dashboard Scope ブロックに接続できます。

また、[接続] テーブルを使用すると、Dashboard Scope ブロックに接続された信号のライン スタイルと色も構成できます。詳細については、信号の外観を参照してください。

プログラムでの使用

1 つ以上の信号をプログラムによって指定して Dashboard Scope ブロックに接続するには、Simulink.HMI.SignalSpecification オブジェクトの cell 配列を使用します。

ブロック パラメーター: Binding
型: Simulink.HMI.SignalSpecification オブジェクトの cell 配列
既定の設定: []

接続された信号のライン スタイルと色をプログラム的に構成するには、Colors パラメーターを使用します。Colors パラメーターの値を構造体の配列として指定します。このとき、各構造体が 1 つの信号のライン スタイルと色を指定します。Colors パラメーターを使用して指定された設定は、Binding パラメーターの値の、同じインデックスの信号に適用されます。

各信号のライン スタイルと色を、以下のフィールドをもつ構造体として指定します。

  • Color13 列のベクトル [r g b]01 の値で信号の色を指定します。

  • LineStyle — 以下のいずれかのライン スタイル オプションを指定する文字ベクトル。

    • 実線: '-'

    • 破線: '––'

    • 点線: ':'

    • 一点鎖線: '-.'

sig1Colors.Color = [0 0 1];
sig1Colors.LineStyle = '--';
sig2Colors.Color = [1 0 1];
sig2Colors.LineStyle = '-';
sigColors = [sig1Colors sig2Colors];
ブロック パラメーター: Colors
型: 構造体の配列

スコープ表示の時間範囲を設定する有限で実数の double のスカラー値。

[時間範囲]auto に設定すると、その時間範囲はブロックによってモデルのシミュレーション終了時間に設定されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: TimeSpan
型: string または文字配列
値: 'auto' または数値
既定の設定: 'auto'

スコープ表示で縦軸の最小値を設定する有限で実数の double のスカラー値。

依存関係

[Min] の値は [Max] の値より小さくなければなりません。

プログラムでの使用

Dashboard Scope ブロックの Min パラメーターをプログラムによって指定するには、y 軸の最小値と y 軸の最大値がこの順序で含まれる 12 列のベクトルを使用します。

ブロック パラメーター: YLimits
型: 1x2 ベクトル
既定の設定: [-3 3]

スコープ表示で縦軸の最大値を設定する有限で実数の double のスカラー値。

依存関係

[最大値] の値は [最小値] の値より大きくなければなりません。

プログラムでの使用

Dashboard Scope ブロックの Max パラメーターをプログラムによって指定するには、y 軸の最小値と y 軸の最大値がこの順序で含まれる 12 列のベクトルを使用します。

ブロック パラメーター: YLimits
型: 1x2 ベクトル
既定の設定: [-3 3]

ドロップダウン メニューのオプションにより、スコープ表示の凡例の位置が指定されます。凡例は、信号名の隣にある接続された各信号に対して選択された色を示します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LegendPosition
型: string または文字ベクトル
値: 'Top' | 'Right' | 'Hide'
既定の設定: 'Top'

on にすると、シミュレーションが停止したときにスコープに表示するデータをビューに合わせる操作を実行します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ScaleAtStop
型: string または文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

on にすると、ブロックが接続されていない場合に説明用のテキストを表示します。ブロックが接続されていない場合、このパラメーターを off に指定してテキストを非表示にできます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ShowInitialText
型: string または文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

モデルの例

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | half | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

R2015a で導入