Main Content

Horizontal Gauge

外観をカスタマイズ可能な水平ゲージでのシミュレーション中の信号値の表示

R2020a 以降

  • Horizontal Gauge block

ライブラリ:
Simulink / Dashboard / Customizable Blocks

説明

Horizontal Gauge ブロックは、実際のシステムのゲージのようにカスタマイズ可能な線形ゲージ上に接続された信号の値を表示します。

Horizontal Gauge ブロックは、シミュレーション全体で接続された信号の瞬間的な値を表示します。データに合わせて Horizontal Gauge ブロックの範囲と目盛り値を変更できます。Horizontal Gauge ブロックをその他の Dashboard ブロックと共に使用し、コントロールおよびインジケーターからなる、モデルの対話型のダッシュボードを作成します。

Horizontal Gauge ブロックのカスタマイズ

Horizontal Gauge ブロックをモデルに追加すると、既定の設計でブロックが事前構成されます。ブロックを既定の設計で使用することも、ブロックの外観をカスタマイズすることもできます。

ブロックの外観をカスタマイズするには、設計モードを使用します。ブロックを選択してから、次の 3 つのいずれかの方法で設計モードを開始できます。

  • ブロック固有のタブの [設計] で、[編集] をクリックする。

  • [プロパティ インスペクター][設計] タブで、[編集] をクリックする。

  • ブロックの上で一時停止すると表示される省略記号で、[カスタム ブロックの編集] ボタンをクリックする。

Horizontal Gauge block in design mode with the toolbar and the Design tab in the Property Inspector visible.

設計モードでは次のことが可能です。

  • 針のイメージをアップロードする。

  • 背景イメージをアップロードするか塗りつぶしの背景色を設定する。

  • スケール、目盛りラベル、値バーの色と不透明度を変更する。

  • スケールと針のサイズを変更する。

  • スケールと針の位置を変更する。

  • スケールの方向 (左から右または右から左) を指定する。

  • 値バーの増加が始まる原点の位置を指定する。

  • 前景イメージをアップロードする。

ブロックの上にあるツール バーを使用して、針のイメージや背景イメージをアップロードしたり、スケール、目盛りラベル、値バーの色と不透明度を変更したりできます。色と不透明度を変更するには、ツール バーの左から 2 つ目のセクションでコンポーネントを選択します。次に、ツール バーのカラー ホイールをクリックしてコンポーネントの色を変更します。スライダーを動かして不透明度を変更します。

スケールまたは針のサイズを変更するには、変更するコンポーネントをキャンバスで選択します。次に、その寸法を定義するグラブ ポイントをクリックしてドラッグします。

スケールまたは針の位置を変更するには、キャンバスでクリックしてドラッグします。

ブロックの設計を詳細に制御するには、プロパティ インスペクターの [設計] タブを使用します。設計の設定の正確な値を入力できます。

[設計] タブは次の目的に使用します。

  • スケールの方向を指定する。

  • 原点を指定する。

  • 前景イメージをアップロードする。

  • 塗りつぶしの背景色を設定する。

設計の編集が完了し、設計モードを終了するには、キャンバスの右上にある [X] をクリックします。

Dashboard ブロックの接続

Dashboard ブロックはモデル要素への接続に端子を使用しません。Dashboard ブロックをモデル内の信号に接続するには、接続モードを使用します。接続モードを使用すると、モデル内で Dashboard ブロックを接続するプロセスが簡単になり、特に複数のブロックを一度に接続する場合に便利です。Dashboard ブロックを 1 つ接続するには、ブロック ダイアログ ボックスの [接続] テーブルを使用することもできます。

ヒント

ノーマル モードとアクセラレータ モードのシミュレーション中に Dashboard ブロックの接続を変更できます。

接続モードに切り替えるには、接続する Dashboard ブロックをキャンバスで選択します。Simulink® ツールストリップに、選択したブロックのタイプの名前が付いたタブが表示されます。ブロックのタブで [接続] をクリックします。接続モードでは、信号やブロックを 1 つ以上選択すると、接続に使用できる信号のリストが表示されます。選択した Dashboard ブロックに接続する信号をリストから選択します。別の Dashboard ブロックを接続するには、接続するブロックで一時停止し、その上に表示される [接続] ボタンをクリックします。その後、モデルで 1 つ以上の信号およびブロックを選択し、接続する信号を選択します。

A Gauge block is in connect mode. To the right of the Gauge block is a Sine Wave block that connects to a Gain block that connects to an Outport block. To the right of the Outport block is the list of signals available for connection.

モデルで Dashboard ブロックの接続が完了したら、[ブロック] タブで [接続完了] をクリックします。

ヒント

ShowInitialText ブロック パラメーターをもつ関数 set_param を使用して、接続されていないブロックに表示されるメッセージを非表示にできます。ブロックを接続すると、メッセージも表示されなくなります。

制限

  • Dashboard Scope ブロックおよび Display ブロックを除き、Dashboard ブロックは実数のスカラー信号にのみ接続できます。

  • ツールストリップは、パネル内にあるブロックをサポートしません。

  • コメントアウトされたブロックには、ブロック ダイアログの [接続] テーブルを使用して Dashboard ブロックを接続することはできません。コメント化されたブロックに接続モードを使用して Dashboard ブロックを接続した場合、ブロックのコメントを解除するまでは Dashboard ブロックに接続された値が表示されません。

  • Dashboard ブロックは参照モデル内のモデル要素には接続できません。

  • モデルの階層構造をシミュレーションすると、参照モデル内の Dashboard ブロックで更新は実行されません。

  • Dashboard ブロックは、ラピッド アクセラレータ シミュレーションをサポートしていません。

  • シミュレーション中に Stateflow® 内のステート アクティビティまたはチャート データには Dashboard ブロックを接続できません。

  • Stateflow 内のステート アクティビティまたはチャート データには Dashboard ブロックをプログラムで接続できません。

  • アクセラレータ モード シミュレーションのためのブロックの削減または最適化により、一部の信号にはシミュレーションで使用できるデータが含まれないことがあります。Dashboard ブロックを使用してこのような信号を表示するには、信号をログ記録用にマークします。

パラメーター

すべて展開する

プロパティ インスペクターと [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを使用してブロック パラメーターの値を指定します。Dashboard ブロックのコア パラメーターを設定するには、[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスまたはプロパティ インスペクターの [パラメーター] タブを使用します。ブロックをカスタマイズするには、プロパティ インスペクターの [設計] タブを使用します。ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開くには、ブロックをダブルクリックします。プロパティ インスペクターを開くには、[モデル化] タブの [設計][プロパティ インスペクター] を選択します。

パラメーター

Dashboard ブロックのコア パラメーターを設定するには、プロパティ インスペクターを開き、[パラメーター] タブをクリックします。

ブロックが接続する信号を選択または変更するには、[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [接続] テーブルを使用します。ブロックを信号に接続するには、次のようにします。

  1. ブロックが接続されていない場合は、プロパティ インスペクターの [パラメーター] タブで [接続] をクリックして [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。ブロックが既に接続されていて、接続する信号を変更する場合は、[変更] をクリックします。

  2. モデルで信号を選択します。

  3. テーブルで接続する信号を選択します。

  4. [適用] をクリックします。

モデルの理解やデバッグに役立つように、シミュレーション中にモデルで Dashboard ブロックを信号に接続できます。

ヒント

ブロックが接続する信号は、バインド モードを使用して選択または変更することもできます。バインド モードに切り替えるには、次のようにします。

  • 設計モードの場合は、プロパティ インスペクターの [設計] タブで [編集] ボタンをクリックして終了します。

  • キャンバスで Dashboard ブロックをクリックします。Dashboard ブロックが接続されていない場合は、[接続] ボタン Connect button と省略記号が Dashboard ブロックの上に表示されます。Dashboard ブロックが既に接続されている場合は、省略記号のみが表示されます。

  • Dashboard ブロックが接続されていない場合は、[接続] をクリックします。Dashboard ブロックが接続されている場合は、省略記号をポイントします。展開されるアクション メニューで、[接続] をクリックします。いずれの場合も、接続に使用できる信号のリストが表示されます。

The left image shows a selected dashboard block with the Connect button and the ellipsis hovering above it. The right image shows the same dashboard block with the action menu expanded above it, and the pointer hovering over the Connect button.

バインド モードで Dashboard ブロックを接続するには、次のようにします。

  • 接続する信号をリストから選択します。

  • バインド モードを終了するには、Dashboard ブロックの上の [接続完了] Done Connecting button をクリックします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Binding
型: Simulink.HMI.SignalSpecification
既定の設定: []

スケールの目盛りの最小値を指定する有限で実数の double のスカラー値。このパラメーターの値は [最大値] パラメーターの値よりも小さくなければなりません。

プログラムでの使用

Minimum パラメーターをプログラムで設定するには、MinimumTick Interval および Maximum のパラメーターの値をこの順で含む 13 列のベクトルを使用します。Tick Intervalauto 値を使用するには、ベクトルの Tick Interval の位置を空白のままにしておくか、-1 を指定します。

ブロック パラメーター: Limits
型: 1x3 ベクトル
既定の設定: [0 -1 100]

スケールの目盛りの最大値を指定する有限で実数の double のスカラー値。このパラメーターの値は [最小値] パラメーターの値よりも大きくなければなりません。

プログラムでの使用

Maximum パラメーターをプログラムで設定するには、MinimumTick Interval および Maximum のパラメーターの値をこの順で含む 13 列のベクトルを使用します。Tick Intervalauto 値を使用するには、ベクトルの Tick Interval の位置を空白のままにしておくか、-1 を指定します。

ブロック パラメーター: Limits
型: 1x3 ベクトル
既定の設定: [0 -1 100]

スケールの大目盛りの間隔を指定する有限で実数、正の、0 または正の整数のスカラー値。auto に設定されている場合、ブロックは目盛りの間隔を [最大値] パラメーターおよび [最小値] パラメーターの値に基づいて自動的に調整します。

プログラムでの使用

Tick Interval パラメーターをプログラムで設定するには、MinimumTick Interval および Maximum のパラメーターの値をこの順で含む 13 列のベクトルを使用します。Tick Intervalauto 値を使用するには、ベクトルの Tick Interval の位置を空白のままにしておくか、-1 を指定します。

ブロック パラメーター: Limits
型: 1x3 ベクトル
既定の設定: [0 -1 100]

スケール値が増加する方向を設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ScaleDirection
型: 文字ベクトル
値: 'Clockwise' | 'Counterclockwise'
既定の設定: 'Clockwise'

Dashboard ブロックが接続された要素の名前をブロックの上または下に配置されるラベルに表示できます。ラベルを非表示にすることもできます。ラベルを表示する場合は、ブロックの位置を指定します。ラベルを表示しない場合は、Hide を指定します。

メモ

Dashboard ブロックが要素に接続されていない場合、ラベルは空白になります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LabelPosition
型: 文字ベクトル
値: 'Hide' | 'Bottom' | 'Top'
既定の設定: 'Hide'

Simulink キャンバスでブロックのサイズを変更するときに縦横比を維持する場合はこのパラメーターを選択します。

ヒント

  • 縦横比がロックされている場合、新しい背景イメージを追加すると、背景イメージの縦横比に適合するようにブロックの縦横比が変更されます。

  • 縦横比がロックされていない場合、新しい背景イメージを追加してもブロックの比率は変更されませんが、代わりにブロックのサイズに適合するように背景イメージが引き伸ばされたりスケーリングされたりします。

スケールの値の範囲の色指定。[+] ボタンをクリックしてスケールの色を追加します。追加された色ごとに、その色を表示する範囲の最小値と最大値を指定します。

プログラムでの使用

Scale Colors パラメーターをプログラムで指定するには、次のフィールドをもつ構造体の配列を使用します。

  • Min — スケールの色の範囲の最小値。

  • Max — スケールの色の範囲の最大値。

  • Color — フォーム [r g b] の範囲の色を指定する、01 の間の double 値の 13 列のベクトル。

色を設定する各スケールの範囲の構造体を配列に含めます。

range1.Min = 0;
range1.Max = 10;
range1.Color = [0 0 1];
range2.Min = 10;
range2.Max = 15;
range2.Color = [0 1 0];
scaleRanges = [range1 range2];
ブロック パラメーター: ScaleColors
型: 構造体配列
既定の設定: 0x1 struct 配列

設計

Dashboard ブロックをカスタマイズするには、プロパティ インスペクターを開き、[設計] タブで [編集] をクリックします。

直線ゲージ

Simulink キャンバスでブロックのサイズを変更するときに縦横比を維持する場合はこのパラメーターを選択します。

ヒント

  • 縦横比がロックされている場合、新しい背景イメージを追加すると、背景イメージの縦横比に適合するようにブロックの縦横比が変更されます。

  • 縦横比がロックされていない場合、新しい背景イメージを追加してもブロックの比率は変更されませんが、代わりにブロックのサイズに適合するように背景イメージが引き伸ばされたりスケーリングされたりします。

スケール

スケールの目盛りの最小値を指定する有限で実数の double のスカラー値。このパラメーターの値は [最大値] パラメーターの値よりも小さくなければなりません。

プログラムでの使用

Minimum パラメーターをプログラムで設定するには、MinimumTick Interval および Maximum のパラメーターの値をこの順で含む 13 列のベクトルを使用します。Tick Intervalauto 値を使用するには、ベクトルの Tick Interval の位置を空白のままにしておくか、-1 を指定します。

ブロック パラメーター: Limits
型: 1x3 ベクトル
既定の設定: [0 -1 100]

スケールの目盛りの最大値を指定する有限で実数の double のスカラー値。このパラメーターの値は [最小値] パラメーターの値よりも大きくなければなりません。

プログラムでの使用

Maximum パラメーターをプログラムで設定するには、MinimumTick Interval および Maximum のパラメーターの値をこの順で含む 13 列のベクトルを使用します。Tick Intervalauto 値を使用するには、ベクトルの Tick Interval の位置を空白のままにしておくか、-1 を指定します。

ブロック パラメーター: Limits
型: 1x3 ベクトル
既定の設定: [0 -1 100]

スケールの大目盛りの間隔を指定する有限で実数、正の、0 または正の整数のスカラー値。auto に設定されている場合、ブロックは目盛りの間隔を [最大値] パラメーターおよび [最小値] パラメーターの値に基づいて自動的に調整します。

プログラムでの使用

Tick Interval パラメーターをプログラムで設定するには、MinimumTick Interval および Maximum のパラメーターの値をこの順で含む 13 列のベクトルを使用します。Tick Intervalauto 値を使用するには、ベクトルの Tick Interval の位置を空白のままにしておくか、-1 を指定します。

ブロック パラメーター: Limits
型: 1x3 ベクトル
既定の設定: [0 -1 100]

針が動いて値バーの増加が始まるスケールの値を指定します。auto に設定すると、Origin はスケールの最小値になります。

例: 0

スケール値が増加する方向を設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ScaleDirection
型: 文字ベクトル
値: 'Clockwise' | 'Counterclockwise'
既定の設定: 'Clockwise'

ブロックの左端からスケールの境界ボックスの左端までの水平方向のオフセットをブロックの幅の比率として指定します。オフセットが 0 のときのスケールの位置を基準に、負の値のオフセットではスケールが左に移動し、正の値のオフセットではスケールが右に移動します。

例: 1

ブロックの上端からスケールの境界ボックスの上端までの垂直方向のオフセットをブロックの高さの比率として指定します。オフセットが 0 のときのスケールの位置を基準に、負の値のオフセットではスケールが上に移動し、正の値のオフセットではスケールが下に移動します。

例: 1

スケールの境界ボックスの幅をブロックの幅の比率として指定します。

例: 2

スケールの境界ボックスの高さをブロックの高さの比率として指定します。

例: 2

プロパティ インスペクターを使用してスケールのサイズを変更するときに縦横比を維持する場合はこのオプションを有効にします。

スケールの目盛り、範囲ライン、ブロック名の色を設定します。色を標準色のパレットから選択するか、カスタムの色を指定します。

ヒント

[メモリの色] は、Simulink ツールストリップの [書式設定] タブで [前景色] を選択して設定することもできます。

ブロックのテキストの色を指定するには、[ラベルの色] パラメーターを使用します。

プログラムでの使用

ブロックの ForegroundColor パラメーターを値が 0 から 1 の間の 13 列の [r g b] ベクトルを定義する string または文字ベクトルとして指定します。

ブロック パラメーター: ForegroundColor
: 文字ベクトル | string
値: [r g b] ベクトル

スケールのラベルのフォントの色を標準色のパレットから選択するか、カスタムの色を指定します。

ヒント

スケールの色を指定するには、[メモリの色] パラメーターを使用します。

スケールのラベルからスケールの対応する目盛りの自由端までの垂直方向の距離をスケールの境界ボックスの高さの比率として指定します。

例: 0.5

針のイメージの幅をブロックの幅の比率として指定します。

例: 1

針のイメージの高さをブロックの高さの比率として指定します。

例: 1

プロパティ インスペクターを使用してイメージのサイズを変更するときに縦横比を維持する場合はこのオプションを有効にします。

スケールの原点から針のイメージの中心までの水平方向のオフセットを針のイメージの幅の比率として指定します。オフセットが 0 のときの針のイメージの位置を基準に、負の値のオフセットではイメージが左に移動し、正の値のオフセットではイメージが右に移動します。

例: 1

スケールの範囲ラインから針のイメージの上端までの垂直方向のオフセットを針のイメージの高さの比率として指定します。オフセットが 0 のときの針のイメージの位置を基準に、負の値のオフセットではイメージが上に移動し、正の値のオフセットではイメージが下に移動します。

例: 1

値バー

値バーの上端から範囲ラインまでの距離をスケールの境界ボックスの高さの比率として指定します。オフセットが 0 のときの値バーの位置を基準に、負の値のオフセットでは値バーが上に移動し、正の値のオフセットでは値バーが下に移動します。

例: 0.25

値バーの太さをスケールの境界ボックスの高さの比率として指定します。

例: 0.3

背景イメージ

ブロックの背景について、背景イメージを提供するか塗りつぶしの色を選択できます。塗りつぶしの背景色を選択するには、このパラメーターを選択します。背景イメージを提供するには、このパラメーターをクリアします。

メモ

Simulink ツールストリップの [書式設定] タブを使用して背景色を変更すると、背景イメージが削除され、[背景色の使用] パラメーターが有効になります。

例: on

塗りつぶしの背景色を使用するには、[背景色の使用] パラメーターを選択します。次に、背景色を標準色のパレットから選択するか、カスタムの色を指定します。

ヒント

Simulink ツールストリップの [書式設定] タブで [背景色] を指定することもできます。

ブロックのテキストの色を指定するには、[フォントの色] パラメーターを使用します。

プログラムでの使用

ブロックの BackgroundColor パラメーターを値が 0 から 1 の間の string または文字ベクトルとして書式設定された 13 列の [r g b] ベクトルとして指定します。

ブロック パラメーター: BackgroundColor
型: string | 文字ベクトル
値: [r g b] ベクトル

ブロックの背景の不透明度を 01 のスカラー値として指定します。

例: 0.5

ブロックの背景色でカバーされる領域の角の半径をブロックの幅と高さの 2 つの寸法のうちの小さい方の半分の比率として指定します。

例: 0.25

前景イメージ

ブロックの左端からイメージの左端までの水平方向のオフセットをブロックの幅の比率として指定します。オフセットが 0 のときのイメージの位置を基準に、負の値のオフセットではイメージが左に移動し、正の値のオフセットではイメージが右に移動します。

例: 1

ブロックの上端からイメージの上端までの垂直方向のオフセットをブロックの高さの比率として指定します。オフセットが 0 のときのイメージの位置を基準に、負の値のオフセットではイメージが上に移動し、正の値ではイメージが下に移動します。

例: 1

イメージの幅をブロックの幅の比率として指定します。

例: 0.5

イメージの高さをブロックの高さの比率として指定します。

例: 0.5

プロパティ インスペクターを使用してイメージのサイズを変更するときに縦横比を維持する場合はこのパラメーターを選択します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | half | integer | single

直達

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

バージョン履歴

R2020a で導入

すべて展開する