最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スコープによるモデルのプロトタイプ作成とモデルのデバッグ

Simulink® スコープ ブロックとスコープ ビューアーを使用すると、シミュレーション データをすばやく簡単に時系列で可視化することができます。モデル設計のプロトタイプを作成する場合、Scope ブロックに信号を付加できます。モデルをシミュレーションしたら、その結果を使用して設計を検証できます。Scope ブロックとスコープ ビューアーの概要およびシステムのモデル化と検証を参照してください。

Scope ブロックまたはスコープ ビューアーでは、[Scope] ウィンドウを開いてシミュレーション データを表示および評価できます。

ツール バーにはシミュレーションの開始、停止、ステップを進めるコントロール が含まれます。これらのコントロールを使用して時間間隔ごとに信号データを表示し、モデルをデバッグできます。シミュレーションのステップ実行の仕組みを参照してください。

複数の入力端子を使用して信号線を Scope ブロックに接続します (入力端子の数, Number of input ports入力端子の数Number of input portsを参照)。

信号をモデルから Floating Scope ブロックまたは信号ビューアーに直接付加します。既存のフローティング スコープまたはスコープ ビューアーへの信号の追加を参照してください。

モデルのデバッグには、スコープで利用可能なオシロスコープのようなツールを使用します。トリガーを設定してイベントをキャプチャし、対話型のカーソルを使用してさまざまな点での信号値を測定し、最大値や平均値などの信号統計を確認します。スコープの [トリガー] パネルおよび[カーソルの測定] パネルを参照してください。

信号データを MATLAB® ワークスペースに保存または記録したら、MATLAB Figure ウィンドウでデータをプロットします。MATLAB の関数または独自のスクリプトを使用してデータを解析します。フローティング スコープからのシミュレーション データの保存を参照してください。

参考

| |

関連するトピック