最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プログラムによる Scope ブロックの制御

この例では、プログラミング スクリプトを使用してスコープを制御する方法を説明します。

Simulink 構成オブジェクトの使用

プログラムによって Scope のパラメーターにアクセスするために、Scope の構成オブジェクトを使用します。

  • タイトル、軸ラベルおよび軸の範囲の変更

  • 凡例またはグリッドの表示/非表示の切り替え

  • 入力の数の制御

  • 表示の数とアクティブな表示の変更

モデルを作成し、Scope ブロックと Time Scope ブロックを追加します。次に、get_param を使用して Scope 構成オブジェクト myConfiguration を作成します。

mdl = 'myModel';
new_system(mdl);
add_block('simulink/Sinks/Scope', [mdl '/myScope']);
add_block('dspsnks4/Time Scope', [mdl '/myTimeScope']);
myConfiguration = get_param([mdl '/myScope'],'ScopeConfiguration')
myConfiguration = 
Scope configuration with properties:

                                Name: 'myScope'
                            Position: [360 302 560 420]
                             Visible: 0
               OpenAtSimulationStart: 0
                     DisplayFullPath: 0
    PreserveColorsForCopyToClipboard: 0
                       NumInputPorts: '1'
                    LayoutDimensions: [1 1]
                          SampleTime: '-1'
                FrameBasedProcessing: 0
                        MaximizeAxes: 'Off'
                    MinimizeControls: 0
                         AxesScaling: 'Manual'
               AxesScalingNumUpdates: '10'
                            TimeSpan: 'Auto'
               TimeSpanOverrunAction: 'Wrap'
                           TimeUnits: 'none'
                   TimeDisplayOffset: '0'
                      TimeAxisLabels: 'Bottom'
                   ShowTimeAxisLabel: 0
                       ActiveDisplay: 1
                               Title: '%<SignalLabel>'
                          ShowLegend: 0
                            ShowGrid: 1
                PlotAsMagnitudePhase: 0
                             YLimits: [-10 10]
                              YLabel: ''
                         DataLogging: 0
             DataLoggingVariableName: 'ScopeData'
          DataLoggingLimitDataPoints: 0
                DataLoggingMaxPoints: '5000'
             DataLoggingDecimateData: 0
               DataLoggingDecimation: '2'
               DataLoggingSaveFormat: 'Dataset'

プロパティを設定します。

myConfiguration.DataLoggingMaxPoints ='10000';

Scope ブロックおよび Time Scope ブロックを検索します。

find_system(mdl,'LookUnderMasks','on','IncludeCommented','on', ...
'AllBlocks','on','BlockType','Scope')
ans = 2x1 cell array
    {'myModel/myScope'    }
    {'myModel/myTimeScope'}

Simulink Scope ブロックのみを検索します。

find_system(mdl,'LookUnderMasks','on','IncludeCommented','on',...
'AllBlocks','on','BlockType','Scope','DefaultConfigurationName',...
'Simulink.scopes.TimeScopeBlockCfg')
ans = 1x1 cell array
    {'myModel/myScope'}

DSP Time Scope ブロックのみを検索します。

find_system(mdl,'LookUnderMasks','on','IncludeCommented','on',...
'AllBlocks','on','BlockType','Scope','DefaultConfigurationName',...
'spbscopes.TimeScopeBlockCfg')
ans = 1x1 cell array
    {'myModel/myTimeScope'}

Scope のコンフィギュレーション プロパティ

Scope 構成オブジェクトのプロパティの詳細については、simulink_ref#buvw6zv-1 を参照してください。

参考

| |

関連するトピック