ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

TimeScopeConfiguration

Scope ブロックの外観と動作を制御

説明

スコープ コンフィギュレーション プロパティは Scope ブロックの外観と動作を制御します。get_param を使用して Scope 構成オブジェクトを作成した後で、オブジェクトをドット表記で使用してプロパティ値を変更します。

作成

myScopeConfiguration = get_param(gcbh,'ScopeConfiguration') は選択した Scope ブロックのための Scope の構成オブジェクトを作成します。

プロパティ

すべて展開する

スコープ ウィンドウのタイトル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

Scope ブロックの入力端子の数。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。入力端子の最大数は 96 です。

UI の使用

[ファイル][入力端子の数] を選択します。

表示固有のプロパティを設定する表示領域。文字ベクトルまたは string として指定します。表示領域の番号は、その列方向の配置インデックスに対応します。複数列のレイアウトの場合、表示は下方向、次に横方向に番号が付けられます。

依存関係

このプロパティを設定することで、ShowGridShowLegendTitlePlotAsMagnitudePhaseYLabel および YLimits プロパティを設定する表示領域を選択します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[アクティブな表示] を設定します。

y 軸のスケーリング方法。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Manual'[Y 軸の範囲をスケール] ボタンを使用して手動で y 軸をスケーリングします。

  • 'Auto' — シミュレーションの実行中および実行後に y 軸をスケーリングします。

  • 'Updates' — 指定したブロック更新回数 (時間間隔) の後で y 軸をスケーリングします。

依存関係

このプロパティを 'Updates' に設定する場合、AxesScalingNumUpdates プロパティも指定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[メイン] タブで、[座標軸のスケーリング] を設定します。

y 軸をスケーリングするまでの更新回数。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

依存関係

AxesScaling'Updates' に設定することによってこのプロパティが有効になります。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[メイン] タブで、[更新回数] を設定します。

このプロパティを true に設定し、MATLAB® ワークスペースでスコープ データを変数に保存します。

このプロパティはフローティング スコープとスコープ ビューアーには適用されません。

依存関係

このプロパティを true に設定する場合、DataLoggingVariableName プロパティおよび DataLoggingSaveFormat プロパティも指定しなければなりません。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タブで、[ワークスペースにデータのログを作成] を設定します。

MATLAB ワークスペースにスコープ データを保存する変数名を文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。このプロパティはフローティング スコープとスコープ ビューアーには適用されません。

依存関係

DataLoggingtrue に設定することによってこのプロパティが有効になります。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タグで、[変数名] を設定します。

スコープ データを MATLAB ワークスペースに保存するための変数の形式。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Dataset' — データセット オブジェクトとしてデータを保存します。この形式は、可変サイズのデータ、MAT ファイルのログ、エクスターナル モードのアーカイブには対応していません。Simulink.SimulationData.Dataset を参照してください。

  • 'StructureWithTime' — 関連付けられた時間情報をもつ構造体としてデータを保存します。この形式では、単一端子または複数端子のフレームベース データあるいはマルチレート データはサポートされません。

  • 'Structure' — 構造体としてデータを保存します。この形式ではマルチレート データはサポートされません。

  • 'Array' — 関連付けられた時間情報をもつ配列としてデータを保存します。この形式では、複数端子のサンプルベース データ、単一端子または複数端子のフレームベース データ、可変サイズ データ、マルチレート データはサポートされません。

このプロパティはフローティング スコープとスコープ ビューアーには適用されません。

依存関係

DataLoggingtrue に設定することによってこのプロパティが有効になります。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タブで、[保存形式] を設定します。

true に設定し、データのプロットや保存を行う前にバッファー データを制限します。

[終了時間] が [inf] に設定されたシミュレーションについては、このパラメーターは常に true に設定されます。

依存関係

このプロパティを true に設定する場合、プロットおよび保存を行うデータ値の数も DataLoggingMaxPoints に指定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タブで、[データ点の制限] を設定します。

プロットおよび保存を行うデータ値の最大数。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。プロットされて保存されたデータ値はシミュレーションの最後の時点から取得されます。たとえば、このプロパティを 100 に設定すると、最新 100 のデータ点が保存されます。

依存関係

DataLoggingLimitDataPointstrue に設定することによってこのプロパティが有効になります。このプロパティを指定すると、スコープのプロットするデータ値や DataLoggingVariableName で指定した MATLAB 変数に保存されるデータ値を制限できます。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タブで、[データ点の制限] の右側にテキスト ボックスを設定します。

このプロパティを true に設定し、プロットや保存を行う前にスコープ データを減らします。

依存関係

このプロパティを true に設定する場合、DataLoggingDecimation プロパティも指定しなければなりません。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タブで、[間引き] を設定します。

プロットおよび保存する前に信号データに適用される間引き係数。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。スコープは N 番目のデータ点ごとにバッファーします。ここで N は指定した間引き係数です。値 1 はすべてのデータ値をバッファーします。

依存関係

DataLoggingDecimateDatatrue に設定することによってこのプロパティが有効になります。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[ログ] タブで、テキスト ボックスを [間引き] の右側に設定します。

このプロパティを true に設定し、フレームベースとして信号を処理します。

  • false — 時間間隔ごとにチャネルの信号値を処理します (サンプル ベース)。

  • true — 複数の時間間隔の値の集まりとしてチャネルの信号値を処理します (フレーム ベース)。フレームベースの処理は、離散入力信号についてのみ利用できます。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[メイン] タブで、[入力処理] を設定します。

表示する行数と列数。2 要素ベクトルとして指定します。最大のレイアウト サイズは 16 行 16 列です。

  • 表示数が端子の数と等しい場合、各端子の信号が異なる表示領域に表示されます。

  • 表示数が端子数よりも少ない場合、追加の端子の信号は最後の y 軸に表示されます。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[メイン] タブで、[レイアウト] ボタンを選択します。

信号プロット サイズを最大化するかどうかを指定します。

  • 'Auto'TitleYLabel が指定されていない場合、すべてのプロットを最大化します。

  • 'On' — すべてのプロットを最大化します。TitleYLabel の値は非表示になります。

  • 'Off' — プロットを最大化しません。

各プロットは表示領域全体に合わせて拡大されます。信号プロットのサイズを最大化すると、プロットの周囲の背景領域が削除されます。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[メイン] タブで、[座標軸の最大化] を設定します。

このプロパティを true に設定し、メニューとツール バーを非表示にします。

スコープをドッキングした場合、このプロパティは無効です。

このプロパティを true に設定し、シミュレーションの開始時にスコープを開きます。

UI の使用

[ファイル][シミュレーションの起動時に開く] を選択

振幅と位相のプロットを表示するかどうかを指定します。

  • false — 信号プロットを表示します。

    信号が複素数の場合、実数部と虚数部を同じ y 軸 (表示領域) にプロットします。

  • true — 振幅と位相のプロットを表示します。

    信号が実数の場合、振幅として信号の絶対値をプロットします。位相は、正の値の場合は 0 度、負の値の場合は 180 度になります。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[信号を振幅および位相としてプロット] を設定します。

スコープ ウィンドウのサイズと位置。左、下、幅および高さの位置 (ピクセル単位) で構成される 4 要素ベクトルとして指定します。

既定では、スコープ ウィンドウは幅 560 ピクセル、高さ 420 ピクセルで画面中央に表示されます。

このプロパティを true に設定し、垂直および水平グリッド ラインを表示します。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[グリッド表示] を設定します。

シミュレーション中に Scope ブロックを更新する間の時間間隔。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。このプロパティはフローティング スコープとスコープ ビューアーには適用されません。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[メイン] タブで、[サンプル時間] を設定します。

このプロパティを true に設定し、凡例を表示します。

凡例に示される名前はモデルの信号名です。複数のチャネルをもつ信号の場合は、信号名の後にチャネル インデックスが追加されます。例については、Scope ブロック リファレンスを参照してください。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[凡例の表示] を設定します。

このプロパティを true に設定し、x 軸ラベルを表示します。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

このプロパティを true に設定する場合、TimeAxisLabels も設定します。TimeAxisLabels'None' に設定されている場合、このプロパティは無効になります。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[時間] タブで、[時間軸ラベルの表示] を設定します。

x 軸ラベルの表示方法。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'All' — x 軸ラベルをすべての表示領域に表示します。

  • 'Bottom' — x 軸ラベルを下部の表示領域にのみ表示します。

  • 'None' — ラベルを表示せず、ShowTimeAxisLabel プロパティを非アクティブにします。

依存関係

このプロパティを指定する前に、ActiveDisplay プロパティを設定します。

ShowTimeAxisLabeltrueMaximize axes'Off' に設定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[時間] タブで、[時間軸ラベル] を設定します。

x 軸の範囲のオフセット番号。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。複数チャネルをもつ入力信号の場合、スカラーまたはベクトルのオフセットを入力します。

  • スカラー — 入力信号のすべてのチャネルを同じ値でオフセットします。

  • ベクトル — チャネルを個別にオフセットします。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[時間] タブで、[時間表示オフセット] を設定します。

表示する x 軸の範囲の長さ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 正の実数 — 合計シミュレーション時間未満の任意の値。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

  • 'Auto' — シミュレーション開始時間と終了時間の差。

このブロックは、TimeDisplayOffset プロパティと TimeSpan プロパティを使用して x 軸の範囲の開始時間と終了時間を計算します。たとえば、TimeDisplay10 に、TimeSpan20 に設定した場合、スコープの x 軸は 1030 の範囲に設定されます。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[時間] タブで、[時間範囲] を設定します。

表示可能な x 軸の範囲を超えるデータの表示方法。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Wrap' — データを左から右に全画面で描画し、画面を消去した後でデータの描画を再開します。

  • 'Scroll' — 新しいデータが右側に描画されると、データを左に移動します。このモードはグラフィックスの負荷が高いので実行速度に影響が出る場合があります。

このオプションの効果は、大きなモデルまたは小さいステップ サイズでプロットが遅い場合にのみ確認できます。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[時間] タブで、[時間範囲オーバーラン アクション] を設定します。

x 軸に表示する単位。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'Metric'TimeSpan プロパティの長さに基づいて時間の単位を表示します。

  • 'None'Time を x 軸に表示します。

  • 'Seconds'Time (seconds) を x 軸に表示します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[時間] タブで、[時間単位] を設定します。

表示領域のタイトル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。既定値の %<SignalLabel> では、入力信号名がタイトルに使用されます。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[タイトル] を設定します。

このプロパティを true に設定し、スコープ ウィンドウを表示します。

アクティブな表示領域の y 軸ラベル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

PlotAsMagnitudePhasetrue の場合、YLabel の値は非表示になり、プロットのラベルは [振幅] と [位相] になります。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[Y ラベル] を設定します。

y 軸の最小値と最大値。2 要素の数値ベクトルとして指定します。

依存関係

このプロパティを設定する前に ActiveDisplay プロパティを設定します。

PlotAsMagnitudePhasetrue の場合、このプロパティは振幅プロットの y 軸の範囲を指定します。位相プロットの y 軸の範囲は常に [-180 180] です。

UI の使用

[コンフィギュレーション プロパティ] を開きます。[表示] タブで、[Y 軸範囲 (最小)][Y 軸範囲 (最大)] を設定します。

Scope の構成オブジェクトの作成

この例では、ファン デル ポールの方程式をモデル化する 'vdp' モデルを使用して Scope の構成オブジェクトを作成します。

open_system('vdp')
myScopeConfiguration = get_param('vdp/Scope','ScopeConfiguration');
myScopeConfiguration.NumInputPorts = '2';

R2013a で導入