最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.setRunNamingRule

シミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則を指定

説明

Simulink.sdi.setRunNamingRule('rule') は、Simulink® モデルのシミュレーションによって生成された実行の命名に関するシミュレーション データ インスペクターの規則を設定します。

すべて折りたたむ

この例では、シミュレーション データ インスペクター API を使用してシミュレーション データ インスペクターの命名規則の実行を変更し、実行の名前をチェックして、既定の設定に戻し、命名規則の実行をチェックする方法を説明します。

% Load model
load_system('sldemo_fuelsys')

% Modify run naming rule
Simulink.sdi.setRunNamingRule('<model_name> Run <run_index>')

% Simulate system
sim('sldemo_fuelsys')

% Check run name
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);
fuelRun = Simulink.sdi.getRun(runID);
fuelRun.name
ans = 
'sldemo_fuelsys Run 1'
% Clear preferences to reset the run naming rule
Simulink.sdi.clearPreferences

% Check run naming rule
Simulink.sdi.getRunNamingRule
ans = 
'Run <run_index>: <model_name>'

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink モデルのシミュレーションによって作成された実行に関する、シミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則。実行の命名規則を指定する文字ベクトルには、プレーン テキストおよび各実行から取得されたデータを表す次のいずれかのトークンを含めることができます。

  • <run_index> – シミュレーション データ インスペクター リポジトリ内の実行のインデックス。

  • <model_name> – 実行を作成するためにシミュレートされたモデルの名前。

  • <time_stamp> – 実行を作成したシミュレーションの開始時間。

  • <sim_mode> – 実行を作成したシミュレーションに使用されるシミュレーション モード。

例: '<time_stamp> Simulation <run_index>: <model_name>'

例: '<model_name> - <run_index>'

代替方法

[設定] メニューにあるシミュレーション データ インスペクターの UI を使用して、実行の命名規則を変更できます。Simulink.sdi.Run オブジェクトの Name プロパティを変更することで、実行の名前を変更できます。

R2011b で導入