最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.getRunNamingRule

実行の命名に関するシミュレーション データ インスペクターの規則を取得

説明

namingRule = Simulink.sdi.getRunNamingRule は、実行の命名規則を文字ベクトルとして返します。実行の命名規則には、各実行に対して更新される 1 つ以上のトークンを含めることができます (たとえば、<run_index>)。実行の命名規則は、Simulink® でのモデルのシミュレーションを通じて自動的に作成される実行に適用されます。

すべて折りたたむ

この例では、シミュレーション データ インスペクター API を使用してシミュレーション データ インスペクターの命名規則の実行を変更し、実行の名前をチェックして、既定の設定に戻し、命名規則の実行をチェックする方法を説明します。

% Load model
load_system('sldemo_fuelsys')

% Modify run naming rule
Simulink.sdi.setRunNamingRule('<model_name> Run <run_index>')

% Simulate system
sim('sldemo_fuelsys')

% Check run name
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);
fuelRun = Simulink.sdi.getRun(runID);
fuelRun.name
ans = 
'sldemo_fuelsys Run 1'
% Clear preferences to reset the run naming rule
Simulink.sdi.clearPreferences

% Check run naming rule
Simulink.sdi.getRunNamingRule
ans = 
'Run <run_index>: <model_name>'

出力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターが Simulink モデルのシミュレーションを通じて自動的に作成される実行に名前を付けるために使用する命名規則を指定する文字ベクトル。実行の命名規則には、各実行に対して取得される情報を表す次のいずれかのトークンを含めることができます。

  • <run_index> – シミュレーション データ インスペクター リポジトリ内の実行のインデックス。

  • <model_name> – 実行を作成するためにシミュレートされたモデルの名前。

  • <time_stamp> – 実行を作成したシミュレーションの開始時間。

  • <sim_mode> – 実行を作成したシミュレーションに使用されるシミュレーション モード。

代替方法

シミュレーション データ インスペクターの UI を使用して、実行の命名規則を表示できます。[新規実行] オプションはシミュレーション データ インスペクターの [設定] メニューにあります。

R2015a で導入