最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.resetRunNamingRule

シミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則を既定値に戻す

説明

Simulink.sdi.resetRunNamingRule は、Simulink® モデルのシミュレーションによって作成された実行に名前を割り当てるためにシミュレーション データ インスペクターが使用する実行の命名規則を、既定の 'Run <run_index>: <model_name>' にリセットします。

すべて折りたたむ

この例では、シミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則を変更するためのシミュレーション データ インスペクター API の使用方法と、実行名のチェック、実行の命名規則を既定の設定にリセットし、実行の命名規則をチェックする方法を説明します。

% Load model
load_system('sldemo_fuelsys')

% Modify run naming rule
Simulink.sdi.setRunNamingRule('<model_name> Run <run_index>')

% Simulate system
sim('sldemo_fuelsys')
% Check run name
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);
run = Simulink.sdi.getRun(runID);
run.name
ans = 
'sldemo_fuelsys Run 1'
% Reset the run naming rule
Simulink.sdi.resetRunNamingRule

% Check run naming rule
Simulink.sdi.getRunNamingRule
ans = 
'Run <run_index>: <model_name>'

代替方法

シミュレーション データ インスペクターの UI を使用して、実行の命名規則を既定の設定にリセットできます。シミュレーション データ インスペクターの [設定][新規実行] タブにある [既定の設定に戻す] ボタンを使用します。

Simulink.sdi.clearPreferences は、シミュレーション データ インスペクターのその他すべての設定と共に、実行の命名規則を元に戻します。

R2015a で導入