最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.getRunIDByIndex

シミュレーション データ インスペクターの実行インデックスを使用して実行 ID を取得

説明

runID = Simulink.sdi.getRunIDByIndex(index) は、シミュレーション データ インスペクター リポジトリ内に index が指定された実行に対して、実行 ID を返します。

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用する多くのワークフローは、シミュレーション実行用の ID を取得することから始まります。この例では、プログラムによるインターフェイスを使用して実行の実行 ID を取得する 2 つの異なる方法を示します。実行 ID を使用して Simulink.sdi.Run オブジェクトを作成し、実行データとメタデータにアクセスできます。あるいは、比較のために実行 ID を使用することができます。

実行を作成するためのモデルのシミュレーション

モデル sldemo_fuelsys はログ作成用に構成済みです。モデルのシミュレーションを実行するときに、シミュレーション データ インスペクターは自動的に実行を作成し、実行 ID を割り当てます。

% Load and simulate system
load_system('sldemo_fuelsys')
sim('sldemo_fuelsys')

Simulink.sdi.getAllRunIDs を使用した実行 ID の取得

Simulink.sdi.getAllRunIDs は、シミュレーション データ インスペクター リポジトリ内にある実行に関するすべての実行 ID の配列を、最後に作成された実行が配列の末尾になる順序で返します。

% Get runID for most recent run
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);

Simulink.sdi.getRunIDByIndex を使用した実行 ID の取得

Simulink.sdi.getRunCount および Simulink.sdi.getRunIDByIndex を使用して実行の実行 ID を取得することもできます。この方法は、count をカウント変数として使用して、シミュレーション データ インスペクター リポジトリ内の実行にインデックスを付ける場合にも役立ちます。

count = Simulink.sdi.getRunCount;
runID = Simulink.sdi.getRunIDByIndex(count);

入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクター リポジトリに含まれる実行の 0 または正の整数のインデックス。

例: 3

出力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターによって割り当てられる数値実行識別子。

R2011b で導入