Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.deleteRun

シミュレーション データ インスペクター リポジトリから実行を削除

説明

Simulink.sdi.deleteRun(runID)runID に対応する実行を削除します。実行を削除すると、削除された実行に続くすべての実行のインデックスは、実行数の変更を考慮して変更されます。実行を削除しても実行 ID は変更されません。

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクター リポジトリから実行を削除して、メモリ領域を解放するか、ワークスペースの不要なデータを整理できます。

% Load and simulate sldemo_fuelsys model
load_system('sldemo_fuelsys')
sim('sldemo_fuelsys')

% Get the run ID for the run
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);

% Delete the run
Simulink.sdi.deleteRun(runID)

入力引数

すべて折りたたむ

削除する実行の実行 ID。実行用の実行 ID は、Simulink.sdi.getAllRunIDs または Simulink.sdi.getRunIDByIndex を使用して取得できます。

R2011b で導入