最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.setArchiveRunLimit

シミュレーション データ インスペクターのアーカイブに格納される実行数の制限を指定

説明

Simulink.sdi.setArchiveRunLimit(limit) は、limit で指定されたシミュレーション データ インスペクターのアーカイブ制限を設定します。アーカイブの実行数が制限に達すると、シミュレーション データ インスペクターは、先入れ先出しベースでアーカイブからの実行の削除を開始します。別の実行がアーカイブに入ってくると、シミュレーション データ インスペクターはアーカイブ内に最も長い間存在している実行を削除します。limit-1 の場合、アーカイブは格納する実行数に制限がないことを示します。limit0 の場合、アーカイブに実行を含めることができないことを意味します。

ヒント

現在の実行のみのデータを維持するには、実行を自動的にアーカイブし、アーカイブ実行制限を 0 に設定するようシミュレーション データ インスペクターを構成します。

すべて折りたたむ

現在のシミュレーションでログに記録されたデータのみ維持するようシミュレーション データ インスペクターを構成できます。反復設計とデバッグのワークフローでは、この構成によって、ディスクに不必要に記録されたデータが累積するのを防ぐことができます。最初に、シミュレーション データ インスペクターのアーカイブの構成をチェックします。パラメーターを保存しておき、設計またはデバッグの完了後に設定を復元できます。

limit = Simulink.sdi.getArchiveRunLimit;
mode = Simulink.sdi.getAutoArchiveMode;

アーカイブ制限を 0 に設定し、シミュレーションの実行を自動的にアーカイブするようにシミュレーション データ インスペクターを構成します。

setArchiveRunLimit(0)
setAutoArchiveMode(true)

モデルをシミュレーションすると、シミュレーション データ インスペクターは前の実行を削除し、ビューを更新して現在のシミュレーションの信号を表示します。

モデルの設計またはデバッグが終了したら、シミュレーション データ インスペクターのアーカイブを前の構成に戻すことができます。

Simulink.sdi.setArchiveRunLimit(limit)
Simulink.sdi.setAutoArchiveMode(mode)

入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターのアーカイブに格納される実行数の制限。アーカイブの実行数が制限に達した場合、シミュレーション データ インスペクターは、先入れ先出しベースでアーカイブからの実行の削除を開始します。limit-1 の場合、アーカイブに格納されている実行数には制限がないことを示します。0limit の場合、アーカイブに実行を含めることができないことを示します。

例: -1

例: 10

R2018b で導入