Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.Run.getLatest

最後に作成されたシミュレーション データ インスペクターの実行を取得

説明

runObj = Simulink.sdi.Run.getLatest は、シミュレーション データ インスペクター リポジトリ内で最後に作成された実行を返します。実行は、データを記録するモデルをシミュレートするとき、またはデータをシミュレーション データ インスペクターにインポートするときに作成されます。

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用して実行された多くのタスクは、まず解析するログ データまたはインポートされたデータに対応する Simulink.sdi.Run オブジェクトにアクセスします。たとえば、Run オブジェクトを使用して、実行内の個々の信号に対応する Simulink.sdi.Signal オブジェクトにアクセスできます。

この例では、関数 Simulink.sdi.Run.getLatest、関数 Simulink.sdi.getCurrentSimulationRun、または関数 Simulink.sdi.getRun を使用して Run オブジェクトにアクセスする方法を示します。

実行の作成

モデル sldemo_fuelsys はログ作成用に構成済みです。モデルのシミュレーションを実行するときに、シミュレーション データ インスペクターは自動的に実行を作成し、実行 ID を割り当てます。

load_system('sldemo_fuelsys')
sim('sldemo_fuelsys')

Simulink.sdi.Run.getLatest を使用した実行オブジェクトの取得

この例では、モデルをシミュレートしたときに作成された実行がシミュレーション データ インスペクターで最後に作成された実行です。最後に作成された実行にアクセスする場合は、関数 Simulink.sdi.Run.getLatest を使用します。

fuelsysRun = Simulink.sdi.Run.getLatest;

Simulink.sdi.getCurrentSimulationRun を使用した実行オブジェクトの取得

アクセスする実行は、シミュレーション データ インスペクターで最後に作成された実行ではない可能性があります。実行がモデルの最新のシミュレーションに対応する場合、関数 Simulink.sdi.getCurrentSimulationRun を使用して Run オブジェクトにアクセスできます。シミュレーションによってデータがシミュレーション データ インスペクターにストリーミングされるときに、関数 Simulink.sdi.getCurrentSimulationRun を使用して進行中のシミュレーションのデータにアクセスすることもできます。この関数は、複数のモデルを操作している場合に便利です。

この例では、モデルをシミュレートしたときに作成された実行が sldemo_fuelsys モデルの現在のシミュレーション実行です。

fuelsysRun = Simulink.sdi.getCurrentSimulationRun('sldemo_fuelsys');

実行 ID からの実行オブジェクトの取得

タスクにも実行 ID が必要である場合、関数 Simulink.sdi.getRun を使用して、実行データとメタデータが含まれる対応する Simulink.sdi.Run オブジェクトを取得できます。

runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID = runIDs(end);
fuelsysRun = Simulink.sdi.getRun(runID);

出力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターで最後に作成された実行の Simulink.sdi.Run オブジェクト。

R2020a で導入