最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.load

シミュレーション データ インスペクターのセッションまたはビューの読み込み

説明

valid = Simulink.sdi.load(fileName) は、fileName によって指定された MLDATX ファイルまたは MAT ファイルのデータを読み込み、fileName が有効なファイルである場合は 1 を返します。戻り値 0 は、fileName によって指定されたファイルが無効であり、シミュレーション データ インスペクターへの読み込みができないことを示します。Simulink.sdi.load を使用して、シミュレーション データ インスペクターのセッションとビューを読み込むことができます。ビューには設定と可視化オプションが含まれますが、データは保存しません。セッションは設定の選択内容とプロット設定と共にデータを保存します。

すべて折りたたむ

この例では、シミュレーション データ インスペクター セッションの作成、保存および読み込み方法について説明します。この例では、データ ログを使用してシミュレーション データ インスペクターにデータを入力した後、シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用してデータを可視化するプロットを作成します。データと可視化設定をセッションに保存すると、セッションを読み込む方法を示すためにシミュレーション データ インスペクター リポジトリが空になります。

シミュレーション データの作成

この例では、Stickalpha, radq, rad/sec 信号のログを記録し、モデル slexAircraftExample を使用してシミュレーション データを生成して、2 つの実行を作成します。1 つ目は正弦入力を使用し、2 つ目は矩形波入力をもちます。

% Ensure you start with an empty Simulation Data Inspector repository
Simulink.sdi.clear

% Load system
load_system('slexAircraftExample')

% Configure signals to log
Simulink.sdi.markSignalForStreaming('slexAircraftExample/Pilot',1,'on')
Simulink.sdi.markSignalForStreaming('slexAircraftExample/Aircraft Dynamics Model',3,'on')
Simulink.sdi.markSignalForStreaming('slexAircraftExample/Aircraft Dynamics Model',4,'on')

% Change Pilot signal to sine
set_param('slexAircraftExample/Pilot','WaveForm','sine')

% Simulate model
sim('slexAircraftExample')

% Change Pilot signal to square
set_param('slexAircraftExample/Pilot','WaveForm','square')

% Simulate model
sim('slexAircraftExample')

シミュレーション データへのアクセス

シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用してシミュレーション データにアクセスし、信号を可視化するプロットを作成できるようにします。

% Get run objects
runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
sineRunID = runIDs(end-1);
squareRunID = runIDs(end);

sineRun = Simulink.sdi.getRun(sineRunID);
squareRun = Simulink.sdi.getRun(squareRunID);

% Get signal objects
sineOut = sineRun.getSignalByIndex(1);
sineIn = sineRun.getSignalByIndex(3);

squareOut = squareRun.getSignalByIndex(1);
squareIn = squareRun.getSignalByIndex(3);

シミュレーション データ インスペクターでプロットを作成

プログラムによるインターフェイスを使用して、2 つのシミュレーション実行で得た信号データを可視化します。プロットのレイアウトとプロット信号を特定のサブプロットに設定できます。

% Set subplot layout 
Simulink.sdi.setSubPlotLayout(2,1)

% Plot sine data on top plot
sineIn.plotOnSubPlot(1,1,true)
sineOut.plotOnSubPlot(1,1,true)

% Plot square wave data on bottom plot
squareIn.plotOnSubPlot(2,1,true)
squareOut.plotOnSubPlot(2,1,true)

シミュレーション データ インスペクター セッションの保存

最初に、上記で作成したプロットを表示します。次に、シミュレーション データ インスペクター セッションを MLDATX ファイルとして保存し、設定の選択およびプロットと共にデータを復元します。

% View the visualized data in the Simulation Data Inspector
Simulink.sdi.view

% Save the Simulation Data Inspector session
Simulink.sdi.save('myData.mldatx')

シミュレーション データ インスペクター セッションの読み込み

最初に、シミュレーション データ インスペクター リポジトリを Simulink.sdi.clear で消去し、可視化設定を Simulink.sdi.clearPreferences でリセットします。これで、セッションを読み込んで、データと設定がどのように維持されているかを確認できます。

% Clear Simulation Data Inspector repository and preferences
Simulink.sdi.clear
Simulink.sdi.clearPreferences

% Load session file to view data
Simulink.sdi.load('myData.mldatx');

入力引数

すべて折りたたむ

セッションで読み込むまたはデータを表示するファイルの名前。

例: 'myData.mldatx'

例: 'myData.mat'

出力引数

すべて折りたたむ

ファイルの有効性インジケーター。fileName によって指定されたファイルが有効であるときは、valid1 になります。valid の値 0 は無効なファイルを示します。

R2011b で導入