最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データ インスペクターにおける信号プロパティの変更

シミュレーション データ インスペクターでは、信号の単位、データ型、名前を変更できます。信号の単位とデータ型のメタデータを変更すると、シミュレーション データ インスペクターによって信号値が変換されます。シミュレーション データ インスペクターにおける信号プロパティの変更は、いかなるモデル、ファイル、ワークスペース変数にも影響しません。元の信号データを保存するか、変更した信号データをエクスポートしてシミュレーションの入力として使用できます。シミュレーション データ インスペクターからデータをワークスペースまたはファイルにエクスポートできます。詳細については、シミュレーション データ インスペクターからのデータのエクスポートを参照してください。

この例では、slexAircraftExample モデルのシミュレーションによって得られたデータを使用します。この例のデータを生成するには、以下の手順を行います。

  1. MATLAB® コマンド ウィンドウに slexAircraftExample と入力します。

  2. q, rad/secStickalpha, rad 信号をシミュレーション データ インスペクターのログに記録するには、モデルで信号を選択します。次に、選択項目を右クリックし、コンテキスト メニューから [選択した信号のログ] を選択します。

  3. Pilot ブロックをダブルクリックします。[波形][正弦] に設定し、[OK] をクリックします。

  4. モデルのシミュレーションを実行します。

信号の単位の変更

シミュレーション データ インスペクターで信号の単位を指定し、変更できます。指定する単位はシミュレーション データ インスペクター内の信号のプロパティに限定され、モデルの信号プロパティには影響しません。モデルの単位を指定する方法については、Simulink モデルでの単位の指定を参照してください。

slexAircraftExample モデルではその信号の単位は指定しません。ただし、一部の信号名には、意図する単位を示すものがあります。

  1. [検査] ペインで alpha, rad 信号を指定します。

  2. 選択した信号のプロパティを表示するには、[プロパティ] ペインを展開します。

  3. 信号についてラジアンの単位を指定するには、[プロパティ] ペインの [単位] プロパティの横にある空のテキスト ボックスに rad と入力します。

Simulink® でサポートされている単位のリストについては、MATLAB コマンド ウィンドウで showunitslist と入力してください。

これで、シミュレーション データ インスペクターは alpha, rad 信号のデータが rad の単位をもつと解釈するようになります。Simulink が認識する単位を信号が一度もつと、シミュレーション データ インスペクターを使用して、サポート対象で互換性のある単位に信号を変換できます。単位を変更するために [単位] テキスト ボックスをクリックすると、シミュレーション データ インスペクターに信号変換に互換性のある単位がドロップダウン リストで表示されます。

alpha, rad 信号の単位を、ドロップダウンを使用するか、新しい単位を信号の [単位] フィールドに入力して deg に変更します。単位を変更すると、シミュレーション データ インスペクターが変換を実行し、プロットが更新されて変換された信号値が表示されます。

信号のデータ型の変更

信号値への影響を解析するため、またはシミュレーションの入力として使用する信号を生成するために、信号のデータ型を変更することができます。シミュレーション データ インスペクターでデータ型を変換しても、モデルの信号プロパティには影響しません。信号のデータ型は、すべての組み込みデータ型に変換することができます。Fixed-Point Designer™ のライセンスを保有している場合は、固定小数点データ型にも変換できます。組み込みデータ型のリストについては、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。

メモ

精度の低いデータ型に変換すると、データの精度が低下し、復元は不可能になります。信号のデータ型を変更する前に、シミュレーション データ インスペクターのデータのコピーを保存することができます。詳細については、シミュレーション データ インスペクターのデータと表示の保存および共有を参照してください。

alpha, rad 信号のデータ型は double です。このデータ型を single に変換すると仮定します。まず、alpha, rad 信号を選択します。次に、[プロパティ] ペインを展開して、[データ型] プロパティの横の白いテキスト フィールドをクリックします。single と入力するか、データ型のドロップダウンからそれを選択します。ドロップダウンの外をクリックすると、シミュレーション データ インスペクターがデータを変換します。

single データ型は double データ型より精度が低いため、シミュレーション データ インスペクターは不可逆的な桁落ちについて警告を返します。[Continue] をクリックします。プロットに表示される信号には目に見える変化はありません。元の信号のデータを保存していた場合、変換後の信号と比較して、データ型の変更による影響を解析できます。シミュレーション データ インスペクターのデータを比較する方法の詳細については、シミュレーション データの比較を参照してください。

固定小数点の変換

Fixed-Point Designer のライセンスを保有している場合、シミュレーション データ インスペクターの信号のデータ型を固定小数点データ型に変換することができます。関数 fixdt を使用して、[データ型] プロパティのテキスト ボックスにデータ型を指定します。

信号名の変更

シミュレーション データ インスペクターで信号名を変更することができます。シミュレーション データ インスペクターで信号名を変更しても、モデルに指定されている信号名には影響しません。新しい名前の指定は、作業領域から、[アーカイブ] ペインから、または [プロパティ] ペインから行えます。信号名を変更するには、信号名をクリックして新しい名前を入力します。たとえば、ここでは [単位] プロパティに単位の情報が含まれるようになったため、alpha, rad 信号の名前を alpha に変更します。

名前を変更した後に、シミュレーション データ インスペクターからデータをエクスポートすると、エクスポートされたデータには新しい名前が使用されます。

関連するトピック