最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.getSignal

信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトを取得

説明

signalObj = Simulink.sdi.getSignal(sigID) は、信号 ID sigID に対応するシミュレーション データ インスペクター リポジトリ内の信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトを返します。Simulink.sdi.Signal オブジェクトは信号データとメタデータを管理し、信号プロパティを表示および変更することができます。

すべて折りたたむ

この例では、シミュレーション データ インスペクターで実行を作成するときに信号データにアクセスする方法について説明します。

実行のデータを生成

この例では、正弦信号と余弦信号の時系列データを作成します。

% Create timeseries workspace data
time = linspace(0, 20, 101);

sine_vals = sin(2*pi/5*time);
sine_ts = timeseries(sine_vals,time);
sine_ts.Name = 'Sine, T=5';

cos_vals = cos(2*pi/8*time);
cos_ts = timeseries(cos_vals,time);
cos_ts.Name = 'Cosine, T=8';

実行を作成して信号 ID を返す

Simulink.sdi.Run オブジェクトを介して信号 ID にアクセスする代わりに、Simulink.sdi.createRun 構文を複数の戻り引数を伴って使用すると、信号 ID をより直接的に取得できます。

[runID,runIndex,sigIDs] = Simulink.sdi.createRun('Sinusoids','vars',...
    sine_ts,cos_ts);

cosID = sigIDs(2);
cosSig = Simulink.sdi.getSignal(cosID);

信号プロパティを変更してシミュレーション データ インスペクターで表示

Simulink.sdi.Signal オブジェクトを使用して信号プロパティを表示および変更し、シミュレーション データ インスペクターで信号をプロットできます。

cosSig.Checked = true;
cosSig.AbsTol = 0.05;
Simulink.sdi.view
cosSig.Name

入力引数

すべて折りたたむ

信号の識別子。シミュレーション データ インスペクターは、実行の作成時に信号 ID を信号に割り当てます。信号の信号 ID は Simulink.sdi.createRun からの戻り値として、または Simulink.sdi.Run オブジェクトのメソッドを使用して取得できます。

出力引数

すべて折りたたむ

sigID に対応する信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクト

R2011b で導入