最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun

すべてのシミュレーション出力に対する単一の信号の作成

説明

シミュレーション データ インスペクター リポジトリにモデル mdl に対する実行が存在しない場合、runID = Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun(mdl,runName,varSources,varValues) はデータ varValues で実行を作成します。シミュレーション データ インスペクター リポジトリにモデル mdl の実行が 1 つ以上ある場合、この関数は mdl に関連付けられた最新の実行に varValues を追加します。実行は runName に従って名前が付けられ、varValues 内のデータのソースは varSources に従って名前が付けられます。

すべて折りたたむ

この例では、Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用してモデルの既存の実行にデータを追加する方法について説明します。この例では、ログ記録された状態データをシミュレーションで作成された実行に追加します。

モデルのシミュレーション

モデルのシミュレーションを実行し、データを生成します。モデル slexAircraftExample は出力のログを記録するように設定されているため、シミュレーション データ インスペクターはログに記録された出力端子データで自動的に実行を作成します。このシミュレーション構文を使用する場合、out には出力端子データ (yout) と状態データ (xout) が含まれます。

load_system('slexAircraftExample')
out = sim('slexAircraftExample','ReturnWorkspaceOutputs','on',...
            'SaveFormat','Dataset');

ログ記録された状態データを実行に追加

シミュレーション データ インスペクターによって、ログ記録された出力端子データの実行が自動的に作成されました。ログ記録された状態データを Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用して既存の実行に追加します。

Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun('slexAircraftExample','Run 1',...
              {'out'},{out});

シミュレーション データ インスペクターを開いて結果を表示

Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用するとシミュレーション データ インスペクターに表示されるデータの冗長性が回避されます。Simulink.sdi.createRun を使用して状態データをシミュレーション データ インスペクターに渡すと、2 番目の実行が作成されます。Simulink.sdi.addToRun は出力端子データから重複する信号を作成します。Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用すると、どの信号も重複させずにすべてのシミュレーション データを単一の実行に含めることができます。

Simulink.sdi.view

入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データの取得元であるモデルの名前。文字ベクトルとして指定します。

例: 'sldemo_absbrake'

新しい実行または拡張された実行の名前。Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun が既存の実行にデータを追加した場合、その実行は runName に従って名前が変更されます。

例: 'Run 1'

varValues 内のデータのソースで使用する名前。

例: {'sig1','sig2'}

実行に組み込むデータの cell 配列。Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun では timeseriesSimulink.SimulationData.Dataset を含めたすべてのログ データ形式と読み込みデータ形式がサポートされます。

例: {sig1,sig2}

出力引数

すべて折りたたむ

新しい実行または拡張された実行の実行識別子。

R2017a で導入