Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

add

信号を Simulink.sdi.Run オブジェクトに追加

説明

add(runObj,sig) は、ワークスペース変数 sig 内のデータを Simulink.sdi.Run オブジェクト runObj に追加します。

add(runObj,'file',filename) は、ファイル filename 内のデータを Simulink.sdi.Run オブジェクト runObj に追加します。

add(runObj,'vars',sig1,sig2) は、複数のワークスペース変数のデータを Run オブジェクト runObj に追加します。

すべて折りたたむ

この例では、実行を作成してそこにデータを追加してから、シミュレーション データ インスペクターでデータを表示する方法を示します。

実行からデータを作成

timeseries オブジェクトを作成し、正弦信号と余弦信号のデータを含めます。各 timeseries オブジェクトに説明的な名前を付けます。

time = linspace(0,20,100);

sine_vals = sin(2*pi/5*time);
sine_ts = timeseries(sine_vals,time);
sine_ts.Name = 'Sine, T=5';

cos_vals = cos(2*pi/8*time);
cos_ts = timeseries(cos_vals,time);
cos_ts.Name = 'Cosine, T=8';

実行の作成とデータの追加

関数 Simulink.sdi.view を使用して、シミュレーション データ インスペクターを開きます。

Simulink.sdi.view

データをワークスペースからシミュレーション データ インスペクターにインポートするには、関数 Simulink.sdi.Run.create を使用して Simulink.sdi.Run オブジェクトを作成します。Run オブジェクトの Name プロパティと Description プロパティを使用して、実行に関する情報をそのメタデータに追加します。

sinusoidsRun = Simulink.sdi.Run.create;
sinusoidsRun.Name = 'Sinusoids';
sinusoidsRun.Description = 'Sine and cosine signals with different frequencies';

関数 add を使用して、ワークスペースで作成したデータを空の実行に追加します。

add(sinusoidsRun,'vars',sine_ts,cos_ts);

シミュレーション データ インスペクターでのデータのプロット

関数 getSignalByIndex を使用して、信号データが含まれる Simulink.sdi.Signal オブジェクトにアクセスします。Simulink.sdi.Signal オブジェクトのプロパティを使用して、信号のライン スタイルと色を指定し、シミュレーション データ インスペクターにプロットできます。各信号の LineColor プロパティと LineDashed プロパティを指定します。

sine_sig = getSignalByIndex(sinusoidsRun,1);
sine_sig.LineColor = [0 0 1];
sine_sig.LineDashed = '-.';

cos_sig = sinusoidsRun.getSignalByIndex(2);
cos_sig.LineColor = [0 1 0];
cos_sig.LineDashed = '--';

関数 Simulink.sdi.setSubPlotLayout を使用して、シミュレーション データ インスペクターのプロット領域で 21 列のサブプロット レイアウトを設定します。次に、関数 plotOnSubplot を使用して、上のサブプロットに正弦信号をプロットし、下のサブプロットに余弦信号をプロットします。

Simulink.sdi.setSubPlotLayout(2,1);

plotOnSubPlot(sine_sig,1,1,true);
plotOnSubPlot(cos_sig,2,1,true);

シミュレーション データ インスペクターを閉じてデータを保存

プロットされた信号データの検査が完了したら、シミュレーション データ インスペクターを閉じて、セッションを MLDATX ファイルに保存できます。

Simulink.sdi.close('sinusoids.mldatx')

入力引数

すべて折りたたむ

データを追加する必要があるシミュレーション データ インスペクター内の実行。Simulink.sdi.Run オブジェクトとして指定します。

実行に追加する信号。時系列データとして指定します。シミュレーション データ インスペクターでサポートされるデータ形式には次のようなものがあります。

実行に追加するデータが含まれるファイルのファイル名またはそのファイルへの絶対パス。文字ベクトルまたは string として指定します。

例: 'data.mat'

R2017b で導入