Main Content

カスタム登録されたファイル タイプへの信号のエクスポート

信号エディターから独自のカスタム ファイル タイプに信号をエクスポートするには、[信号エディター] タブで [保存][エクスポート] を選択します。カスタム ファイル タイプの特徴を次に示します。

  • Microsoft® Excel® または JSON 形式ファイルなどの MATLAB® または Simulink® の外部です。

  • 入力データの形式にリストされている形式に準拠していない信号データが含まれます。

  • Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet ファイル タイプをエクスポートするときは、ベクトル データと timeseries データを備えた Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトによって表現されるデータセットが含まれていなければなりません。

Simulink は次のファイル タイプを提供します。

メモ

Simulink.io.SLDVMatFile リーダーからはエクスポートできません。

  • Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet — Signal Builder ファイル タイプ

  • サンプル ファイル タイプ

    • Simulink.io.MySignalMatFile

    • Simulink.io.CreateSignals

  1. 信号エディターで、カスタム ファイル タイプにエクスポートする信号を作成します。

    1. [シナリオ][空のシナリオ] をクリックします。

    2. [信号][信号の作成] をクリックします。

    3. [例を表示] をクリックします。2 次元の列ベクトルに対して [例を適用] を選択します。

  2. カスタム ファイル タイプが Simulink に登録されていることを確認します。[信号エディター] タブで、[保存][エクスポート] を選択します。[エクスポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [参照] をクリックします。

  4. カスタム MAT ファイルのリストから、信号が含まれているものを選択します。たとえば custompath/newFile.mat です。

    すべての登録されたファイル タイプは、サポートされるファイル タイプ テーブルに表示されます。

    Dialog to export signals to custom registered file types.

    カスタム ファイル タイプの信号がファイル ブラウザーに表示されます。

  5. エクスポートする信号を信号エディターから選択し、[OK] をクリックします。

参考

| | | | | | | |

関連するトピック