Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

双方向端子の指定

ブラック ボックス実装を行う Subsystem ブロックに対して双方向端子を指定することができます。生成されたコードでは、双方向端子が Verilog® または VHDL® inout のキーワードをもちます。

FPGA ターンキー ワークフローにおいて、双方向端子を使用して外部の RAM に接続できます。

要件

  • 双方向端子は、ブラック ボックス サブシステムの端子でなければなりません。

  • 双方向端子と、それに対応する最上位の DUT サブシステム端子との間にロジックをもつことはできません。そうしないと、生成コードがコンパイルできなくなります。

双方向端子の指定方法

双方向端子を UI で指定するには、次の手順に従います。

  1. ブラック ボックス Subsystem 内で、双方向端子を表現する Inport または Outport ブロックを右クリックします。[HDL コード][HDL ブロック プロパティ] を選択します。

  2. [BidirectionalPort][on] を選択します。

双方向端子をコマンド ラインで指定するには、hdlset_param または makehdl を使用して BidirectionalPort プロパティを 'on' に設定します。

たとえば、モデル my_model があり、そこに DUT サブシステム dut_subsys が含まれているとします。また、その DUT サブシステムには、ブラック ボックス サブシステム blackbox_subsys が含まれています。blackbox_subsysInport である input_A がある場合、input_A を双方向に指定するには次のように入力します。

hdlset_param('mymodel/dut_subsys/blackbox_subsys/input_A','BidirectionalPort','on');

制限

  • FPGA ターンキー ワークフローの [Target platform interfaces table] では、双方向端子を [Specify FPGA Pin {'LSB',...,'MSB'}] または、双方向端子のビット幅とインターフェイス ビット幅が同じである別のインターフェイスのいずれかにマッピングしなければなりません。

    たとえば、32 ビットの双方向端子は [Expansion Headers J6 Pin 2-64[0:31]] インターフェイスにマッピングできます。

  • DUT サブシステム内に双方向端子がある場合は、Verilog のテスト ベンチを生成できません。

  • HDL Coder™ は、[BlackBox][HDL Architecture] として使用するマスク サブシステムの双方向端子をサポートしていません。

  • Simulink® では双方向端子がサポートされていないため、Simulink で双方向端子の動作をシミュレートすることはできません。

関連するトピック