Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルとアーキテクチャの設計

サポートされているブロック、ベスト プラクティス、設計パターン、互換性チェック、Simscape モデリング、クロック信号およびリセット信号

HDL コードをインポートする、または、Simulink® モデリング環境で HDL コード生成のためのモデルを開発することができます。モデルを開発する際に、Simulink ブロックおよび Simscape™ で切り替えられる線形要素を使用し、HDL モデリング ガイドラインに従い、HDL コード アドバイザーを実行して、HDL 互換性をもつようにモデルを更新できます。その後、HDL コードを生成し、生成されたコードを検証し、そのコードをターゲット デバイスに展開できます。

  • モデルの互換性のチェック
    HDL コード アドバイザー、およびこのアドバイザーを使用して HDL コード生成との互換性についてモデルをチェックおよび更新する方法の説明
  • モデル設計
    サポートされているブロック ライブラリの作成およびこれらのライブラリのブロックを使用した HDL 互換モデルの作成
  • ブロックの構成
    ブロックの実装仕様、モデル コンフィギュレーション
  • クロッキングとマルチレート設計
    クロック生成、マルチレート モデルの HDL コード生成のガイドライン
  • 外部コンポーネントのインターフェイス
    HDL コードのインスタンス化、ブラック ボックス インターフェイス、Xilinx® System Generator、Altera® DSP Builder、HDL コシミュレーション
  • HDL インポート
    関数 importhdl を使用して HDL コードを Simulink モデリング環境にインポート
  • モデルの保護
    サードパーティと共有するための、シミュレーションおよびコード生成の保護モデルの作成
  • ネイティブ浮動小数点
    HDL Coder のネイティブ浮動小数点、サポートされる各種機能、設計のモデル化、HDL コードの生成、および生成されたコードの検証方法
  • Simscape ハードウェアインザループ ワークフロー
    モデルから HDL コードを生成してターゲット ハードウェアに展開するための、HDL コード生成とワークフローに対する Simscape のサポート