Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レポートとスクリプト

トレーサビリティ、最適化およびリソースのレポート、標準の準拠、合成スクリプト

トピック

レポート

コード生成レポートの作成と使用

生成されたコードに関する情報と最適化に関する推奨を含むレポートの生成方法の説明レポートは HTML ブラウザーで表示できます。このレポートは、生成されたコードとモデルのソース ブロックの間での双方向のトレースをサポートしています。

Simulink の HDL コーディング標準レポートの生成

ワークフロー アドバイザーまたはコマンド ラインを使用して Simulink® モデルから HDL コーディング標準を生成する方法。

トレーサビリティを使用した Simulink モデルと HDL コード間の移動

比較的小規模なモデルでも、生成される HDL コードが何百行にもなることがあります。

HDL コーディング標準のレポート

HDL コーディング標準のレポートとは何か、ルールの概要、ルール違反に関する警告やエラーの修正方法。

コード生成レポートのモデルの Web 表示

モデルと生成されたコードを MATLAB 環境の外部で共有するには、モデルの Web 表示を含めます。

マッピング ファイルを使用したコードのトレース

生成された HDL エンティティをモデル内の対応するシステムにトレースし直すためのマッピング ファイルの使用方法

フィードバック ループの検出

最適化を抑制するフィードバック ループの強調表示

合成実行なしのクリティカル パスの推定

サードパーティ製の合成ツールを使用しないで、設計内での推定クリティカル パスを検出します。

スクリプト

スクリプトの生成を制御するためのプロパティ

この節では、関数 makehdl または関数 makehdltb でプロパティを設定し、スクリプト生成を有効または無効にしたり、生成されるスクリプト ファイルの名前や内容をカスタマイズしたりする方法を説明します。

マルチサイクル パス情報ファイルの生成

マルチサイクル制約ファイルを使用して、マルチレート設計用のより効率的なハードウェアを実現します

コンパイル、シミュレーションおよび合成のためのスクリプトの生成

スクリプト ファイルをカスタマイズするためのコマンド ライン プロパティと GUI オプション

コンパイル、シミュレーション、合成、lint スクリプトの設定

スクリプト ファイルの生成を設定するオプションを [EDA ツールのスクリプト] ペインで設定します。

HDL lint ツール スクリプトの生成

生成されたコードをサードパーティの lint ツールを使用してチェックするための Simulink からの HDL lint ツール スクリプトの生成方法を説明します。

Tcl スクリプトを使用した合成プロジェクトの構成

合成プロジェクトを構成する Tcl スクリプトを追加する