Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成レポートの作成と使用

レポートの生成

次のオプションを 1 つ以上選択すると、HDL Coder™ は HTML コード生成レポートを作成して表示します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][レポート] ペインで UI オプションを指定できます。

GUI オプションmakehdl プロパティ依存関係
トレーサビリティ レポートの生成Traceability

HDL コードの生成を有効にしなければなりません。

リソース利用レポートを生成ResourceReport

HDL コードの生成生成されたモデルを有効にしなければなりません。

上位のタイミングのクリティカル パス レポートを生成CriticalPathEstimation

HDL コードの生成生成されたモデルを有効にしなければなりません。

最適化レポートを生成OptimizationReport

HDL コードの生成生成されたモデルを有効にしなければなりません。

モデルの Web 表示を生成HDLGenerateWebview

HDL コードの生成を有効にしなければなりません。

コードを生成すると、コード生成レポートが別のウィンドウに表示されます。

コード生成レポート

コード生成レポートは、[Summary][Clock Summary][コード インターフェイス レポート]、および次の 1 つ以上の次のオプション セクションを含む HTML ファイルです。

  • トレーサビリティ レポート

  • リソース利用レポート

  • 上位のタイミングのクリティカル パス レポートを生成

  • 最適化レポート

  • モデルの Web ビュー

概要

[Summary] にはモデル、DUT、コードを生成した日付および最上位の設定に関する情報がまとめられています。また、[Summary] には、既定値ではない値をもつモデルのプロパティも表示されます。

コード インターフェイス レポート

[コード インターフェイス レポート] には、DUT 入力および出力端子名、データ型およびビット幅が表示されます。レポートには、Simulink® モデル内の各入力端子および出力端子に対応するリンクが表示されます。

タイミングおよび面積レポート

[リソース利用レポートを生成] を選択すると、HDL Coder は、コード生成レポートに [タイミングおよび面積レポート] セクションを追加します。レポートのこのセクションには、以下のサブセクションが含まれます。

  • 高水準リソース レポート: [Summary] セクションには、テスト対象デバイス (DUT) で使用される乗算器、加算器/減算器およびレジスタの概要が表示されます。

    [詳細レポート] セクションには、各サブシステムで使用されるリソースの詳細情報が含まれています。可能な場合、詳細レポートにはモデル内の対応するブロックへのリンクが含まれています。[詳細レポート] セクションの中には、[レジスタ] セクションもあります。このセクションでは、レジスタのビット幅について積の和として計算された合計 1 ビットのレジスタとその発生頻度が表示されます。

  • ターゲット固有のレポート: モデルに対してターゲット固有のコード生成を要求した場合、このサブセクションにリソース利用レポートが表示されます。

最適化レポート

[最適化レポートを生成] を選択すると、HDL Coder により [最適化レポート] セクションが追加されます。このセクションには次の 3 つのサブセクションがあります。

  • 分散型パイプライン方式: サブシステムで DistributedPipelining オプションが有効になっている場合、このサブセクションには分散型パイプライン方式の変換を適用する前後のレジスタを比較する表が表示されます。

  • ストリーミングおよび共有: 共有またはストリーミング最適化を指定したサブシステムに関する概要および詳細情報、遅延の均衡化の概要。

  • ターゲット コード生成: ターゲット コード生成後のサブシステムに関する概要、ステータスおよびパス遅延情報。

  • 遅延の均衡化: 遅延を一致させるために出力端子に追加されたパイプライン遅延および位相遅延の数を一覧表示します。

関連するトピック